人気ブログランキング |
<   2019年 03月 ( 5 )   > この月の画像一覧
2019冬作から夏作へ<4.2>
2019冬作から夏作へ
冬作も失敗も殆どなく、満足の結果を残して終了期
を迎えた。
スナップ豆、イチゴ、ニンニク、タマネギを残して
収穫も終わり、収穫の済んだ区画は、全てを起耕して、
マルチで覆い、夏作の植付準備も完了している。
菜園全体の面積は約90坪、かなり広大で全体を鍬耕作は
可なりの労力である。
80歳を超えた老骨にとっては、段々と重たくなってきた
そこで実質的に労力軽減をするため、常にマルチ覆いの
休耕地を残しておくという方法
を考案した。
現在マルチ覆いの区画が約20区画に上っている。
これは全体面積の70%位に相当するのではないか?

3.26現在の菜園主要部・マルチ覆いの植床
d0001763_13311050.jpg


マルチ部分は大部分に夏作予定を決定している。早速、スイカ、トマト、エダマメ、インゲンから植付が始まる。
 
  2019冬作から夏作へ<動画>  ← クリック 

今年は玉ねぎは、貯蔵種はトウ立が多く品質も不十分で、貯蔵性にも大差がないので、植付を中止して、早生種と赤玉ねぎだけとした。
早生種は少し大型を作ろうとして、追肥を2月まで実施した。
結果はやや徒長気味になり、収穫の品質と病気発生が心配になっている。

  
===================================================================
by tenpai8 | 2019-03-29 10:30 | キハチの菜園 | Comments(0)
オキナグサ 幼き春を 乗せて咲き
遠い昔、幼少の頃、花が咲き始める頃、裸足で枯草の野道を歩いた。
祖父に連れられて、貯蔵したカライモを 貯蔵穴から上げに行ったのか、他の遊びで行ったのか。
全く忘れて思い出せない。
畔の土手を裸足で歩いていると、枯草の中から毎年必ず第一に顔を出すのがオキナグサ
であった。
皆はネコバナと呼んでいた

多分ハナビラが子猫のミミタブのような短毛で覆われることに、この名の由来があるのでは、と勝手に解釈している。

我が心の春は毎年この花から始まる


一昨年、2017年7月3日にブログをUPした。
題して「オキナグサ栽培開始」である。

  •    オキナグサ栽培開始<2017.7.3>  ← クリック

    久住の野草植物園からオキナグサの種子穂を頂いて、播種し、その後順調に発芽成長して
    昨年秋にプランターに移植し、開花を楽しみに待っていた。
    株数も多いので、庭の野草コーナーや空地にも移植していたが、ようやく春雨の到来とともに
    花芽が沢山覗き始めてきた。
    今日午前、花の様子を探ってみた。

    庭の野草花壇の株
    d0001763_13484039.jpg


    プランターの株
    d0001763_13484934.jpg


    プランターの中では4株開花
    d0001763_13490024.jpg


    野の花コウナーには、ムスカリが開花して、宝満山のミヤマヨメナもミヤコワスレも幼蕾が出来、久住山のサクラソウも移植を終わり、幼蕾もボツボツ出掛ってきた。
    庭地植の接木玉之浦椿も、鉢植えより一足遅れて、今 ボツボツと開花を始めてきた。

    d0001763_14130653.jpg

  • かくて 我が庭、早春の野の花は、段々と春から初夏へと行進の歩を上げる。


    ===================================================================
    by tenpai8 | 2019-03-21 11:30 | 雑感雑記帳 | Comments(2)
    2019石狩山荘椿<3.19>


    今年もこの季節がやってきた。
    遠い昔の忘れがたい思い出、石狩山荘 の温泉での夢物語。
    今年もあの椿が遠い夢を運んで来てくれた。
    2年に一度の植替えだけで元気に咲き続けてくれる。
         今年も又元気に咲き分けの花で賑やかに         
    d0001763_11162469.jpg



    控えめの薄紅絞りの花弁を主体として、紅色単色の花も混じり、楽しい室内の飾り鉢花として長期間楽しんでいる。
             今年も室内の楽しみとなりd0001763_11164385.jpgd0001763_11165827.jpgd0001763_11171170.jpg
    d0001763_11172508.jpg




    我家に定着して既に20年も経過したであろうか?
    主は大分高齢となったが、椿は若々しい色と姿で、主を鼓舞し元気づけてくれる。
    肥後椿ほどに高雅な花ではないが、元気で活力もあり、主を毎年元気づけてくれる家族の一員にまで育ってくれている。


    ==========================================================
    by tenpai8 | 2019-03-17 11:30 | | Comments(0)
    2019太宰府天満宮観梅
    今年は暖冬から春への季節推移も早く、梅の季節も足早に過ぎようとしている。
    2月28日、今年も天満宮観梅に出掛けることとした。
    早咲きの白梅はほほ過ぎていたが、紅梅は最盛期を迎えていた。
    本殿回廊内の紅梅、枝垂れ梅が、毎年最大の目的での観梅であるので、今年も大満足の観梅を楽しむことが出来た。

        菖蒲池茶屋対岸の「曲水庭園」の豪華梅林
    d0001763_09003615.jpg



    2019太宰府天満宮観梅<動画>  ←クリック

    年々、東洋外国の観光客が急増ではあるが、この日は比較的静かで、落着いた観梅を楽しむことが出来て幸運であり、
    3月3日は梅花期最大の祭典・「曲水の宴も近づく境内は、春の盛りを迎えて絢爛と輝いていた。

    ==================================================
    by tenpai8 | 2019-03-07 14:30 | | Comments(2)
    walk実績<2019.2月末>

    短い一月ではあったが、好天に恵まれ山路散歩も快適に楽しむことが出来た。
    山路林道の洪水水害跡の復旧工事が、長期間続いており、歩行まで禁止になっている。
    このようなことで、散歩コースも度々別コースを余儀なくされてきたが、可成り意識しての取り組みによって、実績も良好であった。
           旅路は兵庫から京都への山陰路だ
    d0001763_13223526.jpg


       京都は天橋立から舞鶴にかけての極短い区間である。
    d0001763_13231468.png


    2月は大いに奮闘するべく努め、月間20日の散歩日数と、ラジオ体操も18日の実績となった。
    特に体の柔らかさは、顕著に実感できるようになり、腰痛等も皆無で過ごせた。
          好天にも恵まれ、ほぼ合格点だ 
    d0001763_13234379.jpg


    これまでは、あまり意識したことは無かったが、地球一周も
    30%の達成率に届いた。
    d0001763_13241298.jpg



    ===================================================================
    by tenpai8 | 2019-03-01 16:00 | 体育運動 | Comments(2)