人気ブログランキング |
<   2019年 02月 ( 4 )   > この月の画像一覧
早春晩酌の醍醐味、肴二皿<2019.2,16>
熱燗や 舌ほろにがし 蕗のとう <昨年春の駄句>

まだ寒風吹き荒ぶ中、里の土手にモッコリと頭を出すのが蕗のとう
北国では、根雪が解け始める頃、大木の根回りに丸く地肌が開くと、この雪穴の中に黄色い蕗のとうが顔を出す。
春を代表する風景である。
幼少の頃は、これを食べることは聞き及んではいたが、実際に食べた記憶はない。
50余歳になった頃、よく福岡市郊外の宝満山に登山した。
この山に続く尾根を暫く縦走すると三郡山という山に到達する。
この山の頂上一帯は冬枯れのカヤ草原であり、丁度下界ては桜が見頃を迎える頃に、蕗のとうが一面に顔を出してくる。

これを頂いて「晩酌の肴」にしたのが、本格的に「蕗のとう」の味との出会いであった。
もう既に30年間親しんできた「春の味」である。

今日は、思いもかけず、パソコン仲間から取立ての立派な蕗のトウを、沢山頂いた。
普段は「サットお湯茹で」して、酢味噌で頂いているが、今日はテンプラを作ってもらった。
また一段と別の味を楽しむことが出来た。
         
        今日のテンプラ蕗のとう
d0001763_17255041.jpgd0001763_10093761.jpg
この時季は野菜も魚も年間の最旬期を迎える。
今年は我が菜園では冬野菜は特に好調で、キャベツ、白菜、ミズナが旬を迎えた。
ミズナが柔らかく成長して、今が最高のサラダ素材となっている。
一方、毎年のことではあるが、魚屋店頭では、くろ(本名・メジナ、関西・グレ)が寒ぐろとして、旬を迎えている。
この魚は産地による味の差が大きく、我家は長崎から福岡産だけしか、購入しない。

見かけは寸分の差もないが、山陰、北陸は避けている。
モッパラ長崎、佐賀、福岡、即ち玄界灘産である。
姿体形も丸々団子スタイルを避けて、長細型を選択する。

鱗を丁寧にとり、3枚におろし、皮着きで熱湯を皮面に注ぎ、氷水で冷却して、水分を拭き取り。即、刺身で頂く。最高の刺身である。
但し、画像では、皮が真黒なので、見栄えしないが絶品のサシミである。
アラと頭の汁物も又他の魚には無い 最高の料理である。

 今日はクロとミズナと自家産サラダ玉葱のカルパッチョ
d0001763_10095862.jpg

歯にしみる サクサクの音 ミズナかな

今日は予期せず、春の最好物料理に大満足の晩酌で、シアワセを噛み締めた平和な一日であった。

=============================================================
by tenpai8 | 2019-02-16 11:30 | 雑感雑記帳 | Comments(2)
2019.青い鳥・メジロ同居す<2.15>
今年の大宰府は暖冬異変で、メジロの越冬生活にも大分変異を及ぼしているようだ。
渡来も12月遅くまで遅れ、餌籠への定着も2月になってからであった。
原因は色々と推察してみたが、晩秋から初冬も暖かく、山に食料が豊富であり、
生活に不自由しなかったことや、気圧配置等の関係で大陸から渡ってくる「ワタリ」に不都合があったのではないか。
その証拠には、毎年あれ程に「キィキィ」と大騒ぎをするヒヨドリの声が、大宰府では全く聞くことが出来ないし、山路林道でも又同様である。
さて、メジロも定着したといっても、暖冬のため、既に山には椿の花、庭には梅の花が開花しており、メジロの大好物・花蜜が沢山である。
メジロも敢て、我が庭の富有柿熟柿には、余り興味が無いようである
2月10日過ぎからの寒波になって、幾分メジロの行動も緩慢になり、ようやくツガイ2羽の定着時間が長くなったようだ。

d0001763_10350617.jpg
d0001763_10345412.jpg
座敷の障子の境目を10cm程開けて、デジカメのズームをシッカリと伸ばして、撮影開始だ。
ズーム度合と画面のブレを念頭にメジロとのヤリトリである。
幸いにして、今年のツガイは、対人警戒心が緩慢であり、楽々と撮影ができ、動画にまとめることが出来た。

2019.青い鳥・メジロ定住開始    ←<動画>クリック


===================================================================

by tenpai8 | 2019-02-13 15:30 | 自然探訪日記 | Comments(0)
2019甘夏スタート<2.6>


今年新年は自然の推移が異例なことが多いようである。
雨が少なく、畑の残物の焼却が順調で、畑屑物の無いスッキリな畦道である
庭のメジロも1月末に、ご挨拶程度に訪れたが、定着せず2月 冒頭には、メジロ集団に混じって、忙しくメジロ押しで、花咲く山へ去っていった。
我が庭のシンボルツリー・アマナツは、150個以上の実を着けているが、余り落果せず厳冬を乗り切ったようである。
これで寒波襲来に苦悩が不要で、嬉しい有難いばかりである。
      枝一杯の実を着けたアマナツ<道側>  
d0001763_10254514.jpg


     枝一杯の実を着けたアマナツ<庭側>  
d0001763_10255770.jpg

1月末の寒波の前に、試験的に落下しそうな個体を選んで20個程を収穫した。
その他にも以前から10個弱の落果もあったので、新聞紙に2個づつ包み、ミカン用の古ダンボールに貯蔵した。
皮が少し柔らかになった頃合いで試食している。
ナント糖度も高く、アマナツの本来の旨味も十二分に育ってきた
     取立てのアマナツを箕に並べて
d0001763_10261640.jpg


2月に入るや、毎日食後のフルーツは、少し小型ではあるが、
アマナツづくしで楽しんでいる。

=================================================================
by tenpai8 | 2019-02-07 10:29 | 庭の果樹園 | Comments(2)
walk実績<2019.1月末>

年末には出雲大社を歩行中であったが、一月後は松江と島根県を通り抜けて、鳥取県も東部までたどり着いた。
この山陰2県は、湖と半海水の湖水が多く、シジミの代表県である。中でも、九州まではあまり知られていないが、羽合の湖水は大型シジミで地元でも有名であった。
ハマグリに近いサイズの立派なシジミであった。
    
    ニッポンのハワイ(羽合)は鳥取県の小い町

d0001763_11315086.jpg

これからは鳥取海岸の大砂丘と防砂松林が続き、秋には
ラッキョの花が綺麗に広がる景色も優雅であった。
かと思えば、兵庫県境に近くなると、切り立った海岸の岸壁には、日本一高い鉄橋も有り、有名であった。     
d0001763_11321981.jpg


この表を眺めていると、「よくも長々と飽きもせず歩いて来たものだ‼」と自分でさえも疑念が湧いてくるようだ。
d0001763_11405761.jpg


今年も「飽きることなく淡々と」山路の自然を友として、季節の心を汲みながらの日課として、山路に通うこととし、オミキの奥意を楽しみたいものである
今年は母の逝年・83歳を超えて、父の逝年・84歳を迎える。
それにしては、大分元気ではないか。
まだまだ、walkの恩恵を前面に発揮して、娑婆を楽しみたい ものである。

============================================================
by tenpai8 | 2019-02-02 11:30 | 体育運動 | Comments(2)