人気ブログランキング |
<   2019年 01月 ( 4 )   > この月の画像一覧
賓客メジロようやく到来<2019.1.27>
11月の下旬以来、毎日朝晩大いに心配していた。
今年はメジロが未だに姿を見せないのだ。
日本野鳥の会へも電話を数回してみたが、明確には原因究明が出来ていない。
結論は①季節風の影響により、大陸からのワタリが影響を受けて、この大宰府には渡来数が少なくなった。
また、②大自然の環境がメジロの生存に大きく影響して、生存数に影響を及ぼした。
等と、我流の独善見解を固める決心をしたところであった。
即ち、メジロの食事に用意している熟柿を自分で食べよう、ということであ。
    パソコン席から庭の眺めとメジロの餌場籠
d0001763_10540076.jpg
昨日は前日から今冬最強の寒波が訪れた。近くの天拝山の山並みも薄く雪化粧の朝である。
夕刻のこと、フトPCから目を外し庭を眺めると、メジロツガイが餌籠に張り付いて、動く気配もなく熟柿を食している
早速、座敷の障子の隙間から入念に撮影することとした。

余程の空腹であったのであろう、トウトウ日没のネグラ帰巣まで、熟柿を離れなかった。

メジロの習性で、冬場は大体2羽のツガイで越冬して、生活の場所も狭い餌場周りに居着くようである。
樫の木の甘い樹液の出る場所には、必ず毎年メジロのツガイが越冬していた。
幼少時の記憶である。


さて、餌場に遅参メジロツガイをカメラに収めてみた。
d0001763_10541739.jpg

メジロを冬庭に餌付けしてから、既に15年余にもなるであろうか?
毎年定住するメジロツガイにも、年々夫々に性格が異なっている
ある年は人警戒心が少なく、近くまで近寄れるが、ある年は警戒心が強く、撮影にも苦心する程のこともある。
     今年は親人派か? ハタマタ恐人派か?
d0001763_10543256.jpg


綺麗で緑アフレ滴る親人派であることを願いつつ、
今年も又朝夕の楽しみが増えた。  感謝!


===================================================
by tenpai8 | 2019-01-28 10:37 | 自然探訪日記 | Comments(2)
2019成人の日は「玉之浦椿の日」にヽ(^o^)丿
自分の成人の日は、トックニ忘れた。
少しだけ思い出すのは、志望の大学受験に失敗して、
始まったばかりの「成人式」等、全く眼中になかった。
それから既に60余年、人生余年も風前の灯火となった。
成人式は膨張して、とうとう晴れ着ファッションショーにまでとなってしまった。
今年は、幸運にも最良の春日に恵まれて、成人式とは
完全無関係の身とはなったが、
運よく、縁側では「玉之浦椿」鉢植が、モノノ見事に開花
を開始。
    小枝の挿し木後、4年の鉢、花数約30個
d0001763_14195095.jpg
あまりの好天に誘われて、久し振りに本格的な庭仕事に着手
することとした。
八重椿の庭地植の台木に「玉之浦椿」を接ぎ木したものが
数本あり、除去して庭の整理をすることとした。
立派に成長した「玉之浦椿の鉢植」は、知人と譲渡の約束が
出来ている。
大木の鉢上げは、大変な作業ではあるが、今年の初仕事だ。

庭隅での姿とは想像を絶する程の堂々たる大鉢植が誕生した。
       玄関に堂々たる大鉢植が‼
d0001763_14200382.jpg
譲り受けた友達も、サゾカシ喜んでくれることであろう!
嬉しい好天の「2019成人の日」であった。

==========================================



by tenpai8 | 2019-01-14 15:20 | | Comments(2)
故郷・熊本県菊池の地震概況
1月3日夕刻発生した熊本の地震については、我が故郷・
菊池市泗水町に電話聞き取りをしましたが、極軽微の地震
であり、被害は殆どゼロであった旨、報告を受けました。
情報を総合しますと、今回の地震は、菊水インター付近や
その南北地域が中心のようで、前回の大地震より北側で
山鹿市の西方一帯のようです。
被災の方々には、心からお見舞い申し上げます。
以上、ご報告とお見舞い申し上げます。



===============================
by tenpai8 | 2019-01-05 10:30 | 雑感雑記帳 | Comments(0)
2018walk実績<12月.年間>


今年もアット言う間に過ぎ去っていった。
曾孫の成長動画を楽しんでいる間に、瞬く間の一年であった。
Walkも畑仕事との競合関係ではあるが、マズマズの結果を残せたと自賛している。確実に月間110-120kmを確保して、納会の大晦日は天拝湖まで歩を伸ばすことが出来た。
             
         出雲大社直前まで到達 
d0001763_13201128.jpg



50歳台の頃、よく通った馴染み深い土地柄である。立派なツイジ松に囲まれだ豪華な農家の威容は印象が深かった。
   これからしばらくは昔懐かしいお馴染みの土地
d0001763_13205097.jpg


年間バラツキの無い平均した実績である。
年間歩行キロ数1372キロ、山路歩行日数172日、という実績を残すことが出来た

(月間平均14日、114km 、年間1日平均3.76km)

d0001763_13211853.jpg


Walkの健康効果によって、今年も全く病気無しの快適な健康生活を満喫することが出来た
83歳にしては、目立った身体的老化も見られないし、全くもって有難いことである。
新年に引継ぎ永続しなければならない。


=================================
by tenpai8 | 2019-01-01 13:26 | 体育運動 | Comments(2)