<   2018年 07月 ( 3 )   > この月の画像一覧
ベランダの巨峰グリーンカーテン40歳<2018.7.25>
人生80歳を過ぎると、周りの取巻き達も皆古参になってくる。
我が家のベランダ巨峰も、その代表格だ。
詳しいことは精査しなければ分からないが、我が家家屋の新築後間もなくのこと、当時は農協相手の仕事柄、よく県下の農協を訪問していた。
毎年、定期的に彼岸の中日には「福岡県粕屋町農協の収穫感謝祭」を訪れていた。
この秋祭は市町を挙げての盛大なもので、農業関係の資材、種苗 等、魅力いっぱいの楽しさであった。
毎年、園芸用具、果樹苗木を買い求めるのが定番の楽しみであった。
この年は住居の新築直後で、南面の直射が強いので、桃ノ木とブドウの苗木を買い求めた。
ベランダの遮光のために2mのタキロン屋根を設置したが、この波板への日射による照り返し熱が強烈で、いよいよ困り果てていた。
そこで思い付いたのが、屋根の下にブドウを這わせて、グリーン屋根で遮熱する、
という発想であった。
植え床には一面に川砂を5cm敷き詰め、西側から上に向かい、天井を東に這うように。
       昭和54年3月20日撮影:定植後1年半くらい
d0001763_13345211.jpg
計画は、順調に進展していった。
しかし、幼木には花は就くが、実にならない。
落葉後の剪定も勉強に勉強を積んだが、なかなか実は着かない。
剪定方法に一つの進展が
 ① 巨峰など改良品種は過強剪定により、花ぶるぃが起きて結実しない。
 ② 花の付かない新枝芽を除去する。
 ③ 勢力過強の枝は徒長枝として除去する
 ④ 屋根から外へ出て雨に濡れる枝は病気防御のため除去する
       昭和56年8月10日、大分日陰もできて、犬も昼寝
d0001763_13352207.jpg
このようにして、収穫も段々と上向いてきたので、朝倉農協からブドウ用紙袋を求めて、袋掛けも念入りにすることとした。
袋掛けの前には、房に着いた粒の大半をマビキして房を整え、粒揃えを整えることとした。
入梅前の果実も成長した頃、葉の殺菌消毒と殺虫剤の散布をして、袋掛けを5-6日間で済ますこととした。
         昭和56年8月10日、実も大分着き始めて
d0001763_13350444.jpg
あれから40年、前記の剪定技術や手入の研究と試行錯誤、改善を重ねてきたが、ようやくこのブドウとの付き合いも、成熟の段階に達したようだ。今年の「袋なし栽培」は、粒の格段の大粒化 という「予想外の躍進」を達成してくれた。
今日の房の成長ぶりはオドロキだ
       2018.7.25、今日猛暑の中丸々の巨峰天井に
       
d0001763_14280262.jpgd0001763_14281620.jpgかくて我が家は、大豊作の巨峰クリンカーテンを天井にして、実りの秋を迎える喜びで、万歳である。
40年の歳月による大自然の恵みは、老齢を迎える頃にようやく成熟期を迎えるようだ。    
かくて、我が家のベランダ巨峰園は間もなく開園を迎える。      



    2018ベランダ巨峰園開園近し  ←  クリック

=====================================

[PR]
by tenpai8 | 2018-07-20 10:09 | 庭の果樹園 | Comments(2)
台風豪雨の襲来<7.7>
温暖化とは耳慣れた言葉あるが、こんな大災害が連続的に簡単に発生するということには、世の人々は全く気付いていないのではないか?
7月冒頭に台風が九州に接近するとは。
また、50年に一度の大洪水、観測史上例のない、等々 気象にとっては新語の連射であった。
台風は九州北側の海峡を進んだので、大宰府では大体西から北方角からの風であった。わが畑は、西から北側に大構築物があるため、作物の風による損害は軽微であった。
               畑の全景
d0001763_15113285.jpg
台風と大雨後の菜園全景  ← クリック


作物の風害は殆どない中で、葉の大きい作物・オクラが倒伏加減になり、トマトが大きくなり過ぎたため、支柱が重量に耐え切れず、曲がる、折れる等の損害となった。
しかし、よく分析すると、トマトの成長に合わせて支柱を増加する等の補強を手ヌキしていたのが、原因ソノモノである。

以下、作物個々の現況をスライドに記録することとした。

        大宰府大水害後の我ガ菜園の作柄  ← クリック

スイカは ラグビ゛ーボール型の品種苗を購入したが、去年より少し型が大で、味は満足の品種であった。
果物野菜は 種、苗の能書 では、収穫物の結果は、ホトンド難しい。
今年のスイカは♀花の着花が少なく、毎朝花粉媒助に努めたが、ある大雨の一日に
開花が集中して結果できず
収穫は15個そこそこのようである。
農業は自然科学の総合集約科学であることを、この83歳にして確認している。
生物学、化学、気象学、地学、地域歴史、等々 取り上げれば限りがない。

自然科学を愛し学んできた小市民として、日本歴史のまほろばの里・大宰府 において、退役後の現世最後の一時を、楽しい大自然学のど真ん中で楽しむことが出来て、誠に以て嬉しい限りである。


====================================



[PR]
by tenpai8 | 2018-07-09 14:30 | キハチの菜園 | Comments(2)
Walk実績<2018.6.30>
6月もアット言う間に過ぎ去った。今年は降雨も天気全般もマズマズの6月であった。
とは言え6月は園芸管理の面では、大多忙の月であり、夏作の成長がピーク期であり、この月の管理が収穫を決定する重要時期である。

この状況下ではあるが、健康管理のため散歩にも意識的に取組んだ。
梅雨空の下ではあるが、83歳誕生日を目前にして、些かの体調不良もなく、
元気そのものの梅雨空を乗り切れそうである。
是こそ 将にWalkingの果実であろうか!
かくて、日本列島二週目の旅路は早くも、故郷・熊本を後にして 筑後の筑紫次郎の流域を佐賀に向かっている。
ついつい、昔通った筑後川の風物詩 エツ狩り・舟遊びを思い出して 両岸堤防を壁状に埋め尽くすヨシの世界を回想して、駄句一句。

ヨシ葉すれ かわ風水面 エツ小船
      筑後川のエツ狩りの川船を眺めながら向かうは佐賀平野 
d0001763_12035462.jpg
d0001763_12041375.jpg

今年になって以来、大体110-120kmが定着してきたようだ。
とは言っても、この実績を上げるには、相当の意識を以て散歩に専念しなければ、実現出来ないもののようだ。
午後の散歩が約90分位かかるので、夕刻の時間に余裕が取れず、結果としてシワ寄せは、風呂行きが受けて、月間10回の風呂が8-9回までしか消化できないこともある。
これも反省点の一つである。
 
        今月も120kmに僅かに届かず  
d0001763_12042759.jpg



==================================
[PR]
by tenpai8 | 2018-07-01 14:30 | 体育運動 | Comments(4)