<   2017年 12月 ( 5 )   > この月の画像一覧
2017メジロようやく帰来<12.25>
今年の季節変動は異例尽くめである。
冬の到来が異常に早く気温も低く、秋から初冬をジャンプして、一足飛びで真冬になってしまった。
庭のモミジが終わり落葉する頃になると、毎年決ってメジロが回遊し始めて、熟柿の餌を定置するや、
即メジロが定着していた。
メジロ大好き人間としては、今年は大いに心配事であった。
熟柿は八百屋で用意して待っているが、全く姿を見せない。
          用意した餌にはクチバシの刺しアトが無いまま
d0001763_11265088.jpg
山に餌が豊富なのだろうか?
大陸から飛来するために乗る順風季節風が不足なのだろうか?
色々と思いを巡らす日が続いてきた。
八百屋で買った熟柿も赤味が消え褐色になって来た。
12/24午後、ヒヨドリの鳴声がしたので、庭を見るとヒヨドリの後を追ってメジロが2羽飛来だ。

d0001763_11273445.jpg
籠の中に置いた熟柿を梅ノ木の枝に移動。
メジロを餌で釣り、回遊せず庭に固定定着するための策略、果たして成功するか??
暫くすると又ヒヨドリが餌盗りに飛来して、遠慮なく平らげていた。

d0001763_11280380.jpg

夕刻になるとメジロも戻って来ては、夕食を念入りに摂っている。
これで明日は完全に居着くだろう。


d0001763_11275312.jpg


d0001763_14303032.jpg


===================================
[PR]
by tenpai8 | 2017-12-25 15:30 | 自然探訪日記 | Comments(2)
2017松の迎春剪定<2017.12.24>
毎年年末は多忙多忙の日々で目が回る。
日本社会のよい風習か、悪い風習か、年末に殊更にケジメをつける風習がある。
我家でも家内に、何や彼やと年末のシマツ着け命令が下りて来る。
その最大難関が「玄関の松の剪定」である。
この時期になると、不思議に近隣の家々が「松の剪定」をして、枝振りを競い出すのだ。
これが我家の家内の目に入り、我家玄関松の越年剪定命令、となるようだ。
今年も松は元気に葉を茂らせて 青々堂々たる玄関風景である。
d0001763_15002488.jpg



今年も どうしても不可避の年末仕事、殊更に寒い今年の冬であるので、早く始めて少しでも暖かい内に終らせよう、
と12/22剪定作業に着手した。
第一日目は一番下段の一枝、
12/23第二日目は最上段の難しい一枝と下段の少々

d0001763_15145320.jpgd0001763_15151083.jpg第三日目の今日 12/24、午前中の仕事で、目出度く安全に年末重要ノルマ・松選定作業を今年も完了することが出来て、嬉しい限りである
           見事に完成した玄関の松

d0001763_15334638.jpg

かくて今年は見事な玄関松も出来上がり、賀状はパソコン勉強会で習得できた「ワード」による両面作成印刷も完成して、ユトリの越年が出来そうである。

======================================

[PR]
by tenpai8 | 2017-12-24 14:57 | 庭の果樹園 | Comments(2)
クロマメ収穫<2017.12.21>
今年もイヨイヨ最終期になった。
園芸も昨日で今年の最終作業・ソラマメ、パセリ、イタリアンパセリの苗定植を完了した。
毎年経験と研究の集積によって、技術は大分向上してきたようだ。
夏作の締めくくり「クロマメの収穫作業」がまだ残っていた。
畑で12月10日まで放置して、葉も全部落ちたので抜き取り、庭の納屋で乾燥していたが、今日鞘からの脱穀を実施した。
今年は完熟クロマメ用は、熟度を上げて未熟の発生を少なくすることとした。
目的は達成されて、例年皺の多い未熟豆が多かったが、今年は丸丸の完熟が多く立派で黒々の収穫となった。

今日の収穫は10株であるが、収穫量は十分満足の量である。
20株はエダマメとして収穫し、方々の友達や親戚などに配布して、大いに喜ばれた。

10月20日収穫のエダマメ1株
d0001763_17442904.jpg

 きょうの収穫の枯れ草カラと箕の中の収穫<10株>

d0001763_14540710.jpg
箕の中の収穫(未選別)・丸々の完熟豆
d0001763_14543781.jpg


鞘と枯れ枝
d0001763_14545260.jpg



かくて今年のクロマメ年度も終了することとなるが、来年への種子は優良種子を確保できたし、安心である。更にこのクロマメの煮豆は家内の便通に特効作用があるというアリガタイ事実を発見した。
いよいよ我家の重要野菜としての位置付けが確固となって来た。
==========================

[PR]
by tenpai8 | 2017-12-21 15:30 | キハチの菜園 | Comments(2)
3年ぶりの晩白柚<2017.12.19>
数年前は、冬になると嬉しい悲鳴で毎日眺めた晩白柚が、一昨年から殆んど結果しなくなった。
昨年「根元からバッサリ」と思ったが、マテヨ と思い直して、大枝までをバッサリ。
一杯の新芽をもぎ取り枝振りを整えた。
2年目の今年は新芽が大分生長して、開花期を迎えた
花の房は前年同様莫大な数になり、ミツバチの羽音は終日続いた。
果たして着果はどうか?  当分は心配であったが、今年も着果は 見当たらない。
と諦めていた8月頃のこと。お隣の屋根をバックに大きいものがブラ下がっている。
シメタ! 枝枝の大きな葉っぱを棒で掻き分けて果実を探した。
葉の間に3個がシッカリと成長していた。
ヤッパリ、大ナタ振るった剪定が効果したのだ。と嬉しさ頂天に!
     大葉の間に色付く果実
d0001763_10435622.jpg


大きな果実は完熟して2kgにもなるだろうか?
d0001763_10452300.jpg



d0001763_11092629.jpg
かくて、不稔の晩白柚もどうにか、大枝までのCutにより、根元バッサリCutを免れているが、新年の結果や如何に?
新年の楽しみが又一つ増えたようである。

=====================================

[PR]
by tenpai8 | 2017-12-18 16:30 | 庭の果樹園 | Comments(2)
Walk実績<2017.11月>
今月は当初は天気もよく、体調もよく、好調な滑り出しとなったが、調子に乗って日曜日の午前中に長距離コース歩いた。これが原因であろうと推測しているが、メマイの初期症状が出て、完全回復までには、ほぼ1週間が経過した。
このような経過で、調子に乗らず確実に平常日課としての散歩を心掛けることとした
この結果月間のWalk日数が12日で終ることとなり、100kmクリアーも難しいかと思うこともあったが、100kmは何とか達成することが出来て、ホット一息である。

d0001763_12391661.jpg

日本1週目のゴールから2周目のスタートは明石から淡路島に向かってスタートして、四国を一週、岡山に再上陸して、山陽道を西進、現在は下関に向かって歩いている。
d0001763_12400950.png


月間100km以下では、ハズカシイ! 5年間の実績表にハズカシイ。デモ何とか100kmをクリアー出来て、マズはメデタシ。
d0001763_12404240.png
正月は九州・福岡県から大分県に向かう旅からの始まりのようだ。
新年は暖かい九州の旅である。
九州新幹線には乗車の経験が無い。
暖かい冬の内に日向、薩摩の旅も楽しもうかなー!
こんな希望も見え始めた今月のWalkである。

======================================

[PR]
by tenpai8 | 2017-12-03 13:30 | 体育運動 | Comments(2)