人気ブログランキング |
<   2013年 06月 ( 5 )   > この月の画像一覧
2013トロバコ花菖蒲園パノラマ<2013.6.20>
今年はトロバコ花菖蒲園のHP記載を画像と説明文の一歩の充実を考えたが、妙案も浮かばず、辿りついたのがHPのパノラマURLをBlogにリンクして、個々の画像は専用の画像アルバムにより掲載することであった。
取りあえずは、この両建ての構成で編成することとして、以後、改作によって最終作品に結論することとする。
先ず第一のワイド画面は6月11日撮影の3枚の画像によるパノラマである。咲き始めの頃は、白地柄模様系統と紫原種系統が中心になってくる。色々の人から新種の種株を譲り受け、現在の12-3種に固定してきた。思えば大分長いような道のりでもあるが、楽しい花の道でもある。

      ようやく咲きそろいつつある若き菖蒲園    click

花の命は極めて短命である。主花トウに2個の花が着花する。大体この辺で終りであろうが、原種に近い品種では、その下から枝花が1本開花する。開花期も夫々少しズレル、これ等様々な特性を固持する各品種の特性を楽しむのも、花期の短い花菖蒲の醍醐味でもあろうか?

      
      最盛期を迎えて咲きにおう花達  ←  click

今年の花菖蒲の全景をまとめるため、先に編集したニコンアルバム「2013トロバコ花菖蒲園」も、ここに掲載して、リンクを作ることとした。

       2013トロバコ花菖蒲園<ニコンアルバム>  ←   Click

来年もまた、風呂上がりの浴衣着で、ビールの喉ごしの快感を満喫しながら、この花達との一月間の好季節を楽しみたいものである。気が向けば駄句雑句の一句もヒネリながら。

       湯上りの  風もすずしや  花しょうぶ
by tenpai8 | 2013-06-20 16:13 | | Comments(4)
2013トマト病気完全克服<2013.6.13>
大玉トマトの「シリ腐れ病」の正体を突き止めたのは、昨年「花畑園芸公園」の指導の結果であった。原因はCaの欠乏症である。今年は事前によく植付予定区画の起耕に際して、「生石灰」を十分に施、肥料は草木灰だけにして、排水のため畝を高くして、マルチを被せ雑草と土壌の流失を防止した。
現在までの経過では、シリ腐れ病の気配は皆無で、玉の着果も玉の肥大も頗る順調である。施肥無し、により玉の成長不良の懸念もあったが、全く肥料分不足の兆候は無く、土壌の保有する残存養分の豊富さも再確認出来た。
そろそろカラスnetも入念に     果実のtopの色も健康、熟する前に白色化
d0001763_936239.jpgd0001763_9372685.jpg


大玉種も一房に4-5果が着果            桃太郎は既に熟し
d0001763_9431377.jpgd0001763_9435166.jpg







黄色、オレンジ色小玉種は多くの牛糞堆肥と草木灰だけ。      
d0001763_946135.jpgd0001763_9464476.jpg

オレンジ色種の見事な果房           中玉種もそろそろ熟寸前      
d0001763_9484365.jpgd0001763_949669.jpg

昨年までの「シリ腐れ病」が昨日のことのようだ。
d0001763_1563216.jpgd0001763_1572255.jpg

かくて、前々から悩み抜いてきた「トマトシリ腐れ病」も完全克服で、完熟完全有機栽培の甘い風味絶佳トマトを主食程に楽しみながら暑い夏を乗り切れそうであ。
by tenpai8 | 2013-06-13 14:30 | キハチの菜園 | Comments(2)
2013夏野菜収獲開始<2013.7.8>
梅雨のズル休みが続いて、園芸にとっては最高の好都合が続いている。有難いことである。毎日、天に感謝の最敬礼である。
赤玉葱は例年より施肥を多くした結果、少し過大気味の玉になってしまった。大小様々で均一サイズの生産はナカナカ難しいものである。最大は600gから最小は数十グラムまで・・・・・・。
d0001763_9443181.jpgd0001763_9444861.jpgd0001763_945650.jpg

貯蔵種タマネギは完全失敗に近い、不満の出来栄えである。種子メーカー選択の失敗である。トウが立って完熟しても茎葉部分が枯伏せず、芯が直立するものが1/3程度にも達している。
新発見トウがネギの中心部にあるので芽が出ない⇒発芽腐敗がない芯ありが良いか? 発芽腐敗で保存性悪がよいか?d0001763_9483841.jpgd0001763_9485964.jpgd0001763_9492132.jpg

ミニトマトも超元気である。4株、三品種、すべて黄色種。既に色付き開始。一房に30-40個近い結果も有るようで、一株に1300-1500個以上も収穫できる、有難い品種である。
d0001763_9513371.jpgd0001763_9514947.jpgd0001763_952720.jpg





中玉トマト、モモタロウ、大玉も見事に結果している。今年はCa不足による芯腐れ病を排除すべく、生石灰を十分に施して結果を見守っている。1房に確実に3-4個の充実した果実が育って、ボツボツ着色も。
d0001763_9545850.jpgd0001763_9551417.jpgd0001763_955313.jpg

スイカは10株、マダーボール、黄色小玉、が中心である。極めて順調で、6/7に15個、6/8に10個の♀花が着き、この分では多分次の長雨までには、目標の40個着果は可能のようである。
長い綿毛の幼果が毎日生長する様は、園芸作業の疲れを忘れさせてくれる。元気薬である。
d0001763_956956.jpgd0001763_9562241.jpg

今日も電柱の天辺から成長を楽しみにして見守る「狡猾カラス」が3-4羽・・・・・。知恵比べも始まる。
ナス、キューリ<ナツスズミ>、ピーマン<あきの>も元気でボツボツ新漬の風味を提供し始めている。
d0001763_13534443.jpgd0001763_1354174.jpgd0001763_13541772.jpg

by tenpai8 | 2013-06-08 10:30 | キハチの菜園 | Comments(0)
我爬了代表我故乡有的一座亲爱的山“鞍山”<2013.6.3>
我爬上了代表我亲爱的故乡的山----“鞍山”
我的故乡位于熊本县北,和熊本平原的中央。熊本平原的四面都是高大的山脉。朝东看是蓝色的阿稣山山脉,这山脉的中心耸立的几座的高大的山,就是阿稣山。阿稣山的中央总是冒着火山烟云。
这烟云的左边有两座特别高的,有着尖顶形状的山。我们把她们叫“鞍山”
d0001763_8203858.jpg

我们从小一年三百六十五日每天望着这座山长大。
这座山住过我们的祖先,为什么把她们叫做“鞍岳”?
你看吧! 这座山有两个尖的,很像马背上备着的鞍子形状的山顶,我们的祖先们看着那座山大概联想到了自家的爱马吧。
这座山的最高的地方叫男岳(左边山顶)有1119m高,右边的山峰叫女岳有1090m高。
向熊本县东望去,到处都能看见这座鞍岳的雄姿,用另一句话说,要是爬上这座山的话我们可以了望熊本平野和阿稣山,还有久重山到九州山脊峰峦。
我高中毕业的时候跟哥哥一起爬过一次这座,但是已经过了太长的时间,那时的记忆都不清了。我现在也常常回故乡,走在路上看着这美好的风景,我心想有机会的话,一定要再爬上这座山的山顶。
今年我们的马拉松会的会员们成立了爬鞍岳山会。我听到这个信息就决定参加。我们一共十三个人座车到大约900多米高的地方,然后开始爬山。一千米高的地方气温感觉很凉,好像比平地的气温低5-6度吧。









我们先爬上南边的山顶“女岳”,朋友们望着熊本平野雄壮的景色高兴得跳起来。
d0001763_8255784.jpg d0001763_8265123.jpg

我们接着向鞍岳山顶爬过去,从这儿看四周的风景最好看。特别好看的是东南方,那是阿稣五岳和外轮山辽阔的山峦起伏的风景。
我自己拍的4张照片做成1张全景摄影图。
从鞍山朝阿稣山方向看的风景   
http://ganben8.web.fc2.com/kuratake.wide/   ← click

这山顶的一面没有高大的树只有繁茂灌木比如杜鹃花类和马醉木。听说马醉木繁茂的低木林为这座山有名。真好那时候这种树的花盛开。
马醉木的繁茂灌木林。                盛开的马醉木。
d0001763_8382057.jpgd0001763_8432691.jpg

此外因为这儿是1000米高的山脉的原因,这儿生成的植物跟平原地带的都不一样,我们生活的地方看不到的植物在这儿能看到,我对这些高山植物特别感兴趣。






Harulindouhua开花。              可爱的TaTsunamisou。
d0001763_851141.jpgd0001763_8521646.jpg

我也不知道名字的植物开花
d0001763_855749.jpgd0001763_85553100.jpg

就这样我爬上了故乡的鞍山。在那里跟着自然美丽的花朵,我度过了快乐的一天。
by tenpai8 | 2013-06-03 18:30 | 汉语感想录 | Comments(2)
Walking実績<2013.5月末>
この月は月間降雨量が平年の30%にも至らないと報道されている。畑はカラカラに乾いたので、播種し立ての野菜の灌水に追われて、腰痛寸前の月であった。このこともあり、歩行も好季節の割には伸びなかった。
でも、100kmは達成したので、結果オーライではなかったのか?北海道の旅は北へ向かうごとに駅が遠くなり100kmにも及ぶ駅間距離もありそうだ。旭川を出て名寄まで75kmの道程は来月に持越しとなった。
d0001763_10271348.jpg

いよいよ荒漠たる北海道の旅が始まる。カッコーの声に涼を楽しみ、牧草肩敷いて、草笛の練習でも楽しもうか・・・・・。
d0001763_10274251.jpg

それにしてもこの月は山路の花に恵まれての楽しい快適な旅であった。110kmオーバーとは頑張ったと満足ではなかっただろうか!
d0001763_1028645.jpg

by tenpai8 | 2013-06-01 10:30 | 体育運動 | Comments(2)