人気ブログランキング |
カテゴリ:磯釣日記( 6 )
釣りバカ日誌①
元々生地は熊本の内陸農村であり、海は高校まで全く見たこともない。
川でハヤ釣は中学までよく楽しんだものだ。
その後、東京で就職して仕事出張や職場旅行で海には接したが、海釣をした経験はない
40歳前に福岡に転勤して海が身近になり、色々の海を楽しむようになった。
そこで驚いた。この広い海に無限の数の魚が群がっている
経験してきた熊本の川とは、魚のケタが違うのだ。
先ずは近場港湾の防波堤での小アジ釣である。初夏に生まれた幼魚は月を追って成長し、秋の頃にはカラアゲ用に最適のサイズとなる。
博多湾の塔の下から「あさひ丸」という渡船に乗って、沖の一文字波止の突端・白灯台や向側の赤灯台にも通っては、アジのサビキ釣を子供も同伴しては大いに楽しんだ。秋には時折サバの飛入もあり、初心の釣には大満足であった
獲物もクーラー半分程になり、家に帰っては、その処理にオテアゲ、10時過ぎまで掛かり次第にこの釣からは足が遠のいた。
この西波止の西公園の近くでは、一晩の夜釣に、アナゴ釣をしたが、複数が絡み合ってダンゴになることが多く、数十匹が釣れて、毎日家ではアナゴ蒲焼丼が主食となった。
東京から転勤間もない子供には、ウナギ丼といって有り難がられたが、やがて飽きられてアナゴであることもバレてしまった。 という笑い話もあった。
次の釣り場は、糸島半島の東北端・西浦岬である。
西浦漁港から灯台手前まで通じる山林道があった。車がどうにか通行できる山道である。最後まで行くと何とかUターンが出来て、駐車も2-3台出来た。
ここから灯台を通り抜けて、灯台裏手のガケをロープを頼りに荒磯まで下った。
ここは蒙古山の海からの掛け上がりで、海峡の向こうは、玄界島の岩礁・机島、更には玄界島の裏手・柱島を眼前にする激流渦巻く博多湾の玄界灘開口部の荒々しい磯である。
d0001763_20175230.jpg

2-3人が釣れる釣り座があり、ここで初めてクロ釣りに遭遇した。
350g以上になるとクロは体側の中心が茶色になって、サシミが味と歯応えが本来のクロの味になる。
手の平クロと足の腹クロの中間サイズの生後2-3年のものである。
この磯で初めてこのクロをgetすることが出来た。
d0001763_21072929.png
春の主役ウミタナゴはオナカには稚魚が         初めてのバリは大物!          
d0001763_20352865.jpg
d0001763_20564237.jpg
ウミタナゴの超大物
d0001763_14364318.jpg
同じクロつりの最中に、別格強引な大物が外道で時折釣れる様になった。バリである。
これがバリとの出会いである。

これから、釣り場は筑前大島が舞台となり、大きく展開することとなる。
続いては、釣の黄金期、壱岐、対馬、佐賀長崎の玄界灘真っ只中、絶海の弧礁へと絶頂期を迎えることとなる
但し、釣果には、大した躍進もないのが釣の真理なのであろうか?

更に我が磯釣の集成は、糸島・野北の無人島、コブ島のバリ釣で終息することとなった。

釣バカ日誌②に続く!!
 

=====================================


by tenpai8 | 2017-05-20 20:30 | 磯釣日記 | Comments(3)
思い出の魚拓②是ゾ大物<2010.7.24>
筑前大島の北側海岸は、色々の成因による異なる岩礁が連なり奇岩累々の磯となっている。クロカベは名の通りの黒い溶岩性の切り立った岩場である。左は灯台下の鼻へ続き、右には橋杭式に連なる鼻崎が続いている。このため北に開いたこの磯には、北向き波濤を集める地形となっている。普段は水深2m余であるが、2m~2.5mの風波の日は絶好のチヌ釣ポイントに変身する。元々この磯の海底は、大きく崩れた岩塊累々であり、岩陰には魚が潜み易い構造となっている。
クロカベと右方向・東方の景色・この波がチヌ日和
d0001763_11215266.jpg
 
迫力の魚拓
d0001763_1135645.jpg

壱岐は博多からフェリーで3時間余の距離で、本島の西方に「平島」がある。名のとおり低い平坦な草原の島で、チヌ釣の有名ポイントである。
大阪以来の釣友・大見氏と釣行したのは、南向きの棚形岩場・テーブルである。波もなくベタナギの条件で、友は見事に「微細な魚信」を捉えて、3~4匹、見事なチヌをケット。当方はようやく1匹、オマケには外道のサンノジ・ニザダイ、とは哀れな釣果であった。ほろ苦い思い出の魚拓である。
          壱岐・平島・テーブルでのチヌ
d0001763_11514554.jpg
 
この日の外道・サンノジ・ニザダイ
d0001763_11545531.jpg

サンノジとは、尾鰭の近くに縦に三本の白い鱗があることから「三の字」の名が付いた。   
by tenpai8 | 2010-07-24 10:30 | 磯釣日記 | Comments(2)
思い出の魚拓①<2010.7.13>
長い東京勤務生活から開放射されて、福岡に赴任してきたのが昭和48年新春早々。仕事も地理感と土地勘を段々と身に付けた頃、先ず第一に我本能を強烈にユサブッタのが「磯釣り情報」であった。
直上司に「ツリキチ親分某氏」もあり、彼の豪放磊落の人柄にも魅せられて、「釣道」への第一歩が始まった。
第一歩は博多湾の沖の一文字波止場、で始めたのが「白灯台」でのアジのサビキ釣。続いて同じ「西公園下」での「アナゴの夜釣り」・・・二人で焼酎一升を平らげて、歌ったのは「博多夜船」であった。続いては糸島へ「加布里湾」の初夏、キスのゴムボート釣である。イイダコの可愛い姿に魅せられて、ゴムボートで炎天下に過ごした夏の日も・・・幾日あっただろうか?

チヌとは良く聞く名前であるが、見たこともない「幻の憧れのターゲット」である。
幻のチヌとの出会いは「外道チヌ」は、バリダンゴで釣れたもの等、幾度かあったが、「チヌ道のチヌ」はナカナカ難しいもので、長時間が経過した。
筑前大島の磯に心酔して間も無く、「民宿・遠藤の主人」と無二の仲となり、この島に熱中することとなった。
クロカベは我チヌ釣のホームグランドとなった。
チヌ道第一のチヌの魚拓 :昭和54年11月26日30~40mの彼方から、岩に砕ける波濤を潜らせて、ゴトゴトと頭を振って抵抗するチヌ独特の当りに鼓動も最高潮に達した、あの快感が今も心臓に高鳴ってくる。
d0001763_21214631.jpg

この秋チヌの味は格別で、「鯛の味はこれ程までに」 と言っては、家族全員で夕食を楽しんだものである。
                    「思い出の魚拓②」へ続く。近日UP予定。
by tenpai8 | 2010-07-13 14:00 | 磯釣日記 | Comments(2)
大漁の歌声高く 2006.10.12
今年は、未経験のバリ不漁の夏であった。
例年、一日の釣行でバリが約10匹の釣果は期待出来ていたものだ。
今年は、数が少なくて、最高の日で5匹という結果になってしまった。
このままでは済まされない、という気持が胸胸に満ちてきている。
バリも9月中旬になると、産卵による体力減退も相当に回復して、肉も
厚く充実してくる。また、針掛かり後の引き込みも強烈で、6月の釣趣
を回復してくる。又、食味も素晴らしいもので、帰宅後の“秋の夜”を
十分に楽しませてくれる。

本日の最大バリ: 38cm (新聞紙二つ折幅-2cm)
推測重量850g
d0001763_21203683.jpg

6時に出港、馴染みの船上を渡る潮風は、殊に新鮮で時折船縁から
トビウオが離水して、30mの滑空を見せた。
d0001763_21303568.jpgd0001763_2132537.jpg

今日の一日大漁を夢見て、船足急げ! 早速第一投、アタリを待つ。
心臓の高鳴りが道糸を振動させる。
d0001763_21391230.jpgd0001763_21401036.jpg

近くのシンボル岩塊の尖端は、トンビの指定席だ、今日もジットこちらを
見つめて、微動だにしない。 秋の空には、有明の月 が白くホウキ雲の
穂先に残って、寂しそうである。

d0001763_21462980.jpgd0001763_2147325.jpg

始めて間もなく、キター! 懇ろに取り込む。 午前中の中間時点で
鮮度保持のために、クーラーへ取り込む。この時点で撮影。
クロ11 バリ7
d0001763_2157449.jpgd0001763_2201996.jpg

エサ盗りの大群は大海を埋め尽くす。
スズメダイ・アブッテカモゥ(博多屋台の名物料理)は、無尽蔵だ!
d0001763_10365098.jpg


今日は最高の日バイ!          空は秋雲一色!
d0001763_2283133.jpgd0001763_2291640.jpg

最高の釣果に満足、ソロソロ、アガロウか! 家でもルンルン入念の撮影。

d0001763_2214313.jpgd0001763_2215989.jpg

今日の最終釣果  バリ9   クロ15
d0001763_22215844.jpg

クロの釣果、15
d0001763_2254051.jpg

バリの釣果 9  大形揃いだ。
d0001763_22574543.jpg


大形バリは可なりのサイズダ!   実測38cm、推定重量850g!
d0001763_22312031.jpg

by tenpai8 | 2006-10-14 21:16 | 磯釣日記 | Comments(0)
真夏の一日、入道雲と共に
夏の一日は早く明ける。6時前には漁港波止場から瀬渡し船
“みどり丸”は出発する。カラス、トンビ、アオサギ、ゴイサギ、シラサギ
カモメ、が集まって賑やかに、船出を大合唱で見送ってくれる。

d0001763_1628949.jpg



真夏の太陽は、海面を澄み切ったコバルトブルーに映し出し、5mの
底までも視界を深める。
d0001763_16541676.jpg


d0001763_16382482.jpg


釣に熱中してクーラーの冷水に喉を潤おせば、野北漁港後方の
通称“野北牧場”の山には、巨大な入道雲が、両手を広げて立ちはだかる。
d0001763_1646692.jpg


今日はバリの魚影が全く見られず、残念ながら“名人もいない魚は釣れず”
と、外道のコアジ60匹、アブッテカモー50匹をクーラーに収めての
納竿となった。
今日の反省:若潮の潮干満最小の日、やはり沖の岩礁でもよくない。
by tenpai8 | 2006-10-14 16:29 | 磯釣日記 | Comments(0)
釣友は好釣ナレド!2006.7.27
7月27日、糸島半島、野北漁港沖1.5kmのコブ(昆布)島へ釣友と釣行。
渡礁と同時に、夏の太陽、日の出の瞬間となった。
“今日は一日縁起がイイワイ”と早速準備整い。
d0001763_15543684.jpg

d0001763_15562362.jpg

ベタ凪の海面は油を流したように静まり返るが、トントアタリがこない。
一方、友のアワセの竿唸りがビュンと響き、強引なバリとのやり取りが
始まり、次々と続くではないか。








d0001763_1655565.jpgd0001763_167882.jpg

それにしても、本日のバリは食いがシブイ、エサトリも数があまり多くなく、
タナの深さが、通常とは異なっているようであるが、それにしてもトント
アタリがこない。
ようやく

d0001763_16133080.jpg
d0001763_16151492.jpg

かれこれと工夫に明け暮れて、どうにか納竿までには、マネゴト釣果を
得ての、ノドカナ一日となった。
d0001763_16204176.jpg

今日の反省点: 餌盗りの状況を見て、棚の深さをキビシク!!
by tenpai8 | 2006-10-14 15:48 | 磯釣日記 | Comments(0)