人気ブログランキング |
カテゴリ:体育運動( 113 )
walk実績<令和元年.7月末>
6月は上中順までは、降雨も少なく、順調に山路散歩も進んできたが、月末に及んで暑さと台風余波の大雨の影響で、伸び悩んでしまった。
旅は何時の間にか北陸から山を越えて信州・安曇を越えようとしている。
南北安曇郡、大町の地名は、まだ30歳以前に毎日仕事で相手にした地名ではあるが、早くも半世紀を隔てた大昔の事となってしまった。
7月31日は吾が誕生日ある
熊本・菊池の灼熱の中、田植の済んだばかりの水田でに這いつくばって「田の草取り」の最中に、産気を催して帰宅した母が、間もなく出産したのが、この世の始まりであった。
とは、よく母から聞かされていた。
天の恵みか、お陰で強靭な体質を授かって、日本一周の健康Walkも、日本列島2周目も行程の38%を達成できた。
             いよいよ旅路は新潟に到達である。
d0001763_10091142.jpg
また懐かしい地名がチラホラと見え始めてきた。
新潟の豚達の肉質まで大いに気に掛かってくる。脂肪の締まりが悪いのは、飼料が原因ではなく、気候と水が原因だ。とまで言われていたが、真実は何故だったか? 今だに気になる命題である。
d0001763_10092607.jpg
月間実績も100kmは達成できたが、あと10kmが欲しいところであった。
とは言うものの、今月も体調快快で来られたのであるから、満足することとしようか。
d0001763_10094589.jpg


==============================================

by tenpai8 | 2019-08-01 14:30 | 体育運動 | Comments(2)
日田・玖珠 納涼滝巡り
我近隣の「あるく会」は、シニア会員の健康と社交と自然学習の会である。
有難くも、希にみる熱意と行動力に溢れるリーダー指導者に恵まれ、その活動は地道ではあるが、破格の実績を残している。
小生も末尾の参加老人であるが、それでも、この会に参加して、極めて多くの貴重な観光と体育、更には交友を得ることが出来た。
お陰様で近県の観光地も、この会への参加で大いに拡充出来て、老年生活の充実への起爆剤となっている。
7月11日、表記・大分の滝巡りと寺院参拝に参画できた。
この地域は、仕事現役の頃、大分へ業務出張することも度々であったが、当時はまだ高速道路もなく、国道は田舎道であり大いに疲れては、帰途には「天ヶ瀬温泉」で一風呂浴びるのを常としていた。
しかし、この近辺に有名な滝があり、高名な地蔵寺院までがあること等、全く無知で今日に至っていた。
現在の高速路時代から見れば、遠い昔のモノガタリの様な話である。
太宰府インターから高速へ上り、天ヶ瀬高塚ICまで、ほぼ1時間で到着。
優しい姿の観音の滝        堂々たる水量の桜滝
    
d0001763_11532785.jpgd0001763_11534185.jpg大分県は全体が山岳の県である。今日の観光目的の滝は4個であるが、この滝は川となって、何処へ流れるのだろうか?九州の東側の海・豊後水道が近いので、豊後水道へ・・だろう。
と直感するが、現実は遥か西方の有明海まで「筑後川・筑紫次郎」となって流れ下るのである。
筑後川が大河川であるのも、九州を東西に幅広く山岳地帯の河川を集めて縦断するからである。
慈恩の滝は滝の裏手を通り抜ける「裏見の滝」である。
天井の岩盤からの落下水滴と滝のシブキで、ビショ濡れになるが、夏は涼しい名所となる。

    水量も高さも雄大な「慈恩の滝」     滝の裏から「裏見の滝」
d0001763_13375478.jpgd0001763_13380707.jpg 

川幅が滝になって広がる「三日月の滝」
d0001763_13433240.jpg
 

滝の観光を終わって「高塚愛宕地蔵尊」参拝と食事に。
同行の人々の話では、「筑後地方の人までが、お願いごとの祈願参拝に」この寺院を参拝した。ということであり、可成り有名な祈願寺院であるようであり、寺院の建造物や関連施設も壮大なものである。

d0001763_14032773.jpgd0001763_14034253.jpg予期以上に好内容の親睦観光旅行が出来て、大満足の一日であった。

大分の仏教信仰の深さと、自然の豊かさとを十二分に堪能することだ出来た。  
   感謝‼


==============================================
by tenpai8 | 2019-07-13 15:30 | 体育運動 | Comments(2)
walk実績<令和元年.6月末>

6月は雨の季節であるが、雨が少なく好天続きの一月であった。畑も豊富な灌漑水のお陰で水運びもなくなり、散歩の時間もフンダンニとれる月となった。
散歩日数も14日を確保できて、歩行距離もほぼ満足の結果を確保することができた。
         旅路はいよいよ糸魚川から信濃路へ
d0001763_12084667.jpg


全国の中で全く足を踏み入れていない地域は少ないが、その一つが糸魚川である。
大学の友で糸魚川出身の人がいて、夏休みに招かれたが実現できなかったのは、少し残念である。
d0001763_12092083.jpg



無理せず力まず、マイペースの山路散歩は涼風が絶えず、小鳥の声もこの季節は最高の季節で、飽きることのない別世界である。
今年はこの山路散歩の30年間に初耳のカッコーの声まで楽しむことさえ出来て、嬉しい限りである。
          
            月間120kmの山路散歩を確保
d0001763_12094146.jpg


この月も全く体調不良皆無で、散歩の汗とビールのノドゴシ快感を満喫出来、畑では野菜も豊年満作となり、実り多い6月であり、嬉しい限りである。

=======================================
by tenpai8 | 2019-07-01 14:30 | 体育運動 | Comments(2)
walk実績<令和元年.5月末>

近年希な高温と少雨の5月となり、畑の水管理の時間が大幅に増大して、walkの時間が少なくなった。
月間の山路散歩の日数も12日で、好天の割には伸ばせなかった。
何とか月間110kmを達成出来たのは、市房ダム合宿に出席した結果であった。
畑での仕事は、歩行数が伸びない為、忙しい割には歩行距離には結果が向上しないようだ。
旅はようやく富山県に到達した。
d0001763_13203091.jpg
d0001763_13211636.jpg

月間113kmとは、程ほどの実績の様だ。6年前にも全く同距離の実績もあり、年齢相応の結果の様だ。今月も元気で乗り切れたことに感謝である。水汲み仕事によって、腰痛直前になったこともあったが、膏薬の威力で無事に乗り切ることもできたし、平穏なひと月であった。
d0001763_13214391.jpg




===============================================
by tenpai8 | 2019-06-01 13:27 | 体育運動 | Comments(2)
Walk実績<2019.4月末>

3月末に中国から大切な来客を迎えたこともあり、繁忙を極めたためか、上旬半ばから約7日間以上風邪をひき、体調不良の半月であった。このため、Walkも出来ずすべてが低調の半月であった。
久しぶりの風邪らしい風邪であった。多分10余年ぶりであっただろうか。
この影響で月間100km達成も殆ど不可能か?と思っていた。
d0001763_14375313.jpg


d0001763_14381843.jpg



しかし、後半になって天候も体調も好転して、walk日数も確保できるようになった。
雨天も月末になって多くなったが、100kmノルマが達成出来てホット一息であった。しかし、月末になってPCが突然の完全アウトとなって、この修復が急務となって、ドンタクの好天気も、アウトドアーどころではない 気ゼワシイ多忙の連休となっている。

    Walk実績資料もどうにか確保できた    
d0001763_14384385.png



================================================================================================
by tenpai8 | 2019-05-03 14:40 | 体育運動 | Comments(4)
Walk実績<3月末>


3月は天気、体調共に良好で推移、畑の冬作から夏作への切替作業まで、極めて円滑に取り進めることが出来た。
山路散歩も好天に支えられて、延日数16日を確保することが出来た。
山路林道の洪水被害修復作業が続いているため、不通の日もあったが、新緑の芽生えを楽しみながら、順調な自然観察が出来た。
但し、この冬は野鳥の数と種類が極めて少ないのが、心配なことであった。ウグイスの初音も3月下旬中半になってようやく聞こえるようになった。
渓流カエルの声はまだ聞こえていないが、今日位には始まっているだろうか

   福井県の静かな旅路が続く
d0001763_09574830.jpg


   三方湖は昔アラカブ釣大会で優勝した思い出も
d0001763_09465025.png


  月間134kmとは大分頑張ったものだ
d0001763_09472226.png




====================================================================
by tenpai8 | 2019-04-01 10:30 | 体育運動 | Comments(2)
walk実績<2019.2月末>

短い一月ではあったが、好天に恵まれ山路散歩も快適に楽しむことが出来た。
山路林道の洪水水害跡の復旧工事が、長期間続いており、歩行まで禁止になっている。
このようなことで、散歩コースも度々別コースを余儀なくされてきたが、可成り意識しての取り組みによって、実績も良好であった。
       旅路は兵庫から京都への山陰路だ
d0001763_13223526.jpg


   京都は天橋立から舞鶴にかけての極短い区間である。
d0001763_13231468.png


2月は大いに奮闘するべく努め、月間20日の散歩日数と、ラジオ体操も18日の実績となった。
特に体の柔らかさは、顕著に実感できるようになり、腰痛等も皆無で過ごせた。
      好天にも恵まれ、ほぼ合格点だ 
d0001763_13234379.jpg


これまでは、あまり意識したことは無かったが、地球一周も
30%の達成率に届いた。
d0001763_13241298.jpg



===================================================================
by tenpai8 | 2019-03-01 16:00 | 体育運動 | Comments(2)
walk実績<2019.1月末>

年末には出雲大社を歩行中であったが、一月後は松江と島根県を通り抜けて、鳥取県も東部までたどり着いた。
この山陰2県は、湖と半海水の湖水が多く、シジミの代表県である。中でも、九州まではあまり知られていないが、羽合の湖水は大型シジミで地元でも有名であった。
ハマグリに近いサイズの立派なシジミであった。
    
    ニッポンのハワイ(羽合)は鳥取県の小い町

d0001763_11315086.jpg

これからは鳥取海岸の大砂丘と防砂松林が続き、秋には
ラッキョの花が綺麗に広がる景色も優雅であった。
かと思えば、兵庫県境に近くなると、切り立った海岸の岸壁には、日本一高い鉄橋も有り、有名であった。     
d0001763_11321981.jpg


この表を眺めていると、「よくも長々と飽きもせず歩いて来たものだ‼」と自分でさえも疑念が湧いてくるようだ。
d0001763_11405761.jpg


今年も「飽きることなく淡々と」山路の自然を友として、季節の心を汲みながらの日課として、山路に通うこととし、オミキの奥意を楽しみたいものである
今年は母の逝年・83歳を超えて、父の逝年・84歳を迎える。
それにしては、大分元気ではないか。
まだまだ、walkの恩恵を前面に発揮して、娑婆を楽しみたい ものである。

============================================================
by tenpai8 | 2019-02-02 11:30 | 体育運動 | Comments(2)
2018walk実績<12月.年間>


今年もアット言う間に過ぎ去っていった。
曾孫の成長動画を楽しんでいる間に、瞬く間の一年であった。
Walkも畑仕事との競合関係ではあるが、マズマズの結果を残せたと自賛している。確実に月間110-120kmを確保して、納会の大晦日は天拝湖まで歩を伸ばすことが出来た。
             
         出雲大社直前まで到達 
d0001763_13201128.jpg



50歳台の頃、よく通った馴染み深い土地柄である。立派なツイジ松に囲まれだ豪華な農家の威容は印象が深かった。
   これからしばらくは昔懐かしいお馴染みの土地
d0001763_13205097.jpg


年間バラツキの無い平均した実績である。
年間歩行キロ数1372キロ、山路歩行日数172日、という実績を残すことが出来た

(月間平均14日、114km 、年間1日平均3.76km)

d0001763_13211853.jpg


Walkの健康効果によって、今年も全く病気無しの快適な健康生活を満喫することが出来た
83歳にしては、目立った身体的老化も見られないし、全くもって有難いことである。
新年に引継ぎ永続しなければならない。


=================================
by tenpai8 | 2019-01-01 13:26 | 体育運動 | Comments(2)
Walk実績<2018.11月末>

11月は天候も順調に推移して、山路散歩の日数も17日にすることができた。
園芸も農閑期になり、収穫と跡地の起耕が若干、という期間である。
歩行距離も可なり期待していたが、胃カメラ、血液検査等、定期の検診が加わった結果、月並みの歩行実績で終わった。
但し、検診の結果はチェック項目ゼロの有難い稔の結果であった
歩行の目的が厳然と実現で万々歳、と言うべきであろうか。
      
山口から島根・山陰街道の旅は何年振りだろうか
d0001763_13220459.jpg


島根県に入れば、太田から東は鳥取県にかけて、昔十数回に亘って仕事をしたお馴染みの土地柄であり、あご竹輪の味と溶合って、懐かしい地名と思い出も蘇ってくる。
d0001763_13223083.jpg


今年は、年齢と生活にシッカリト定着したWalking習慣が確立できたようだ。
d0001763_13230056.jpg


月々に博多を離れて遠くに向かう旅ではあるが、ボツボツと昔の仕事との思い出でも反芻しながら、楽しい旅にしたいものだ。

======================================
by tenpai8 | 2018-12-01 14:20 | 体育運動 | Comments(2)