カテゴリ:体育運動( 104 )
Walk実績<2018.11月末>

11月は天候も順調に推移して、山路散歩の日数も17日にすることができた。
園芸も農閑期になり、収穫と跡地の起耕が若干、という期間である。
歩行距離も可なり期待していたが、胃カメラ、血液検査等、定期の検診が加わった結果、月並みの歩行実績で終わった。
但し、検診の結果はチェック項目ゼロの有難い稔の結果であった
歩行の目的が厳然と実現で万々歳、と言うべきであろうか。
      
山口から島根・山陰街道の旅は何年振りだろうか
d0001763_13220459.jpg


島根県に入れば、太田から東は鳥取県にかけて、昔十数回に亘って仕事をしたお馴染みの土地柄であり、あご竹輪の味と溶合って、懐かしい地名と思い出も蘇ってくる。
d0001763_13223083.jpg


今年は、年齢と生活にシッカリト定着したWalking習慣が確立できたようだ。
d0001763_13230056.jpg


月々に博多を離れて遠くに向かう旅ではあるが、ボツボツと昔の仕事との思い出でも反芻しながら、楽しい旅にしたいものだ。

======================================
[PR]
by tenpai8 | 2018-12-01 14:20 | 体育運動 | Comments(2)
Walking実績<2018.10月末>
今年の秋は順調に進んでいる。
台風も幾つかは心配されたが、進向が外れて何よりも嬉しいことであった。
季節変動が順調であったため、菜園の夏作から冬作への転換作業も順調な到来であった。
農作業が集中的に到来して、大いに多忙の10月となって、Walk時間の捻出に大苦労の月でもあった。
結果は月間の山路散歩日数は12日ではあったが、それでも努力一杯の結果であった。
d0001763_13310003.jpg
九州は通り抜けて、山口を山陰に向かって進行中である。
もう日本2周目であるので、九州の近くをグルグルと周回したいものであるが、このWalkソフトではこれからは北上して、我が家を段々と離れるばかりである。
d0001763_13313798.jpg
余り無理をしない程度でのWalkであるが、月間大体110km位の歩行実績となってきた。
体調は至って快調で、ここのところ医者への縁は完全になくなってきた。
有難いことである。 
但し、晴天続きで野菜の播種後、潅水用の水運びが多くなり、腰痛寸前の膏薬貼りが多くなってきたようだ
11月からは農作業の時間も減少するので、歩行距離も伸びることと思っている。
d0001763_13315995.png
================================================


[PR]
by tenpai8 | 2018-11-04 14:30 | 体育運動 | Comments(2)
Walk実績<2018.9.30>

残暑は猛暑となって続くし、最大の仕事「野菜つくり」は、最多忙の時期となるし、意識的に無理を避けて、畑中心の労力配分の月とした。一頃は月間100kmに届くかと心配したが、何とか達成することが出来た。
また、日本一周第二週目は、25% 1/4行程を消化することも出来た。
体力の劣化を防止するための弱点補正のための運動、これがWalkだと理解して、ラジオ体操と両立して、続けたいものである
d0001763_16202968.jpg


d0001763_16210280.jpg


数年前と比較すれば、実績低下は歴然であるが、それは其れで好し!
以前との比較は、全く以て無意味論外と英断して、長期継続を旨として、鼻歌交じりで歩きたいものである

d0001763_16212992.jpg


======================================
[PR]
by tenpai8 | 2018-10-01 16:30 | 体育運動 | Comments(2)
Walk実績<2018.9.1>

観測史上新記録の灼熱列島となった この夏。
35度を超える猛暑の連日となり、熱中症の予防が天気予報の定番となった。
高齢であることを自覚して、行動も相当に抑制することとした。
午後の強烈日照の日は山路散歩も避けて、静養することとなった。
山路林道は自宅付近より2-3度位は気温が低く、相当に暑い日でも谷川の風もあり、暑さは大分しのぎ易いのではあるが、用心することとした。
このようなことであるが、月間の散歩日数は13日を数えることが出来たし、8月としては マズマズの結果ではないのか。          
            旅路はもう直ぐ佐賀市である。
d0001763_17020449.jpg

d0001763_17022913.jpg


本年になってからの実績は大体110-120km台の固定実績となってきた。
意識的に調整しているのではないが、結果は大体安定である。
2013年とほぼ同水準であるが、直前の3-4年間より可成りのダウンである。
      現在の年齢と生活習慣に最適のwalk実績だろう
d0001763_17025288.png


=========================================
[PR]
by tenpai8 | 2018-09-01 10:00 | 体育運動 | Comments(2)
Walk実績<2018.7.31>
7月の初頭1週間は大豪雨等天候が悪く、殆ど散歩日和がなかった。
その分、その後は極力散歩の日数を確保して、月間では16日を確保することが出来た。
特に豪雨の後は、散歩する林道が、土砂崩れや倒木で通行不能箇所が発生して、途中までの短縮コースとなったので、距離が短縮となった。
  

     椎の大木は谷を越え林道まで     杉林は崖崩れで林道を塞ぐ   d0001763_11391137.jpgd0001763_11394202.jpg
植林後約50年の杉林が倒木して林道を塞ぎ、或いは谷縁の崖では、百年の大椎の木が崖を滑り落ちて、谷の対岸に迄根元から滑り渡っていた。

こんな訳で、洪水1週間は活動も殆ど停止状態であった。

その後は大分取り戻しが出来て、月間では16日の散歩日が確保できた。
旅路も長崎を間近に順調に歩を伸ばしている

d0001763_11215077.jpg

d0001763_11221929.jpg

月間歩行距離は相変わらず110km余りと伸びないが、ほぼ体力と天候面から見で、適当なところであろうか。
d0001763_11224073.jpg

今日は83歳の誕生日を迎えた。
今日は近隣老人歩こう会の定期活動で「二丈渓谷」に登山を楽しむことが出来た。
Walkの恩恵は益々顕著となってくる昨今であり、有難い限りである


==========================================
[PR]
by tenpai8 | 2018-08-01 14:30 | 体育運動 | Comments(2)
Walk実績<2018.6.30>
6月もアット言う間に過ぎ去った。今年は降雨も天気全般もマズマズの6月であった。
とは言え6月は園芸管理の面では、大多忙の月であり、夏作の成長がピーク期であり、この月の管理が収穫を決定する重要時期である。

この状況下ではあるが、健康管理のため散歩にも意識的に取組んだ。
梅雨空の下ではあるが、83歳誕生日を目前にして、些かの体調不良もなく、
元気そのものの梅雨空を乗り切れそうである。
是こそ 将にWalkingの果実であろうか!
かくて、日本列島二週目の旅路は早くも、故郷・熊本を後にして 筑後の筑紫次郎の流域を佐賀に向かっている。
ついつい、昔通った筑後川の風物詩 エツ狩り・舟遊びを思い出して 両岸堤防を壁状に埋め尽くすヨシの世界を回想して、駄句一句。

ヨシ葉すれ かわ風水面 エツ小船
      筑後川のエツ狩りの川船を眺めながら向かうは佐賀平野 
d0001763_12035462.jpg
d0001763_12041375.jpg

今年になって以来、大体110-120kmが定着してきたようだ。
とは言っても、この実績を上げるには、相当の意識を以て散歩に専念しなければ、実現出来ないもののようだ。
午後の散歩が約90分位かかるので、夕刻の時間に余裕が取れず、結果としてシワ寄せは、風呂行きが受けて、月間10回の風呂が8-9回までしか消化できないこともある。
これも反省点の一つである。
 
        今月も120kmに僅かに届かず  
d0001763_12042759.jpg



==================================
[PR]
by tenpai8 | 2018-07-01 14:30 | 体育運動 | Comments(4)
Walk実績<2018.5.31>


5月は大型連休で始る。
しかし、冒頭からカゼ引きで1週間の静養から始ることとなった。
5月は畑作業の年間最多忙期である
冬作物の跡整理、起耕、植床つくり、苗の購入、植付 等々と多忙を極める。

そこで、畑作業を優先して、Walkは第二儀的にして、過労の管理をすることとした。
結果として、Walk実績は停滞したが、近隣の歩く会の耶馬溪walkと走ろう会の人吉合宿訓練に参加した結果、日々1万数千歩を加算できて、月間100kmをクリアーすることが出来た。
       旅路は薩摩を過ぎて、故郷・熊本も中央も近くなって来た。
d0001763_09275390.jpg

d0001763_09282231.jpg


月間歩行距離100ー120kmが生活にマッチした距離のようだ。
d0001763_09303074.png

大体の無理のないWalkのペースが掴めてきたようだ。
6月は梅雨の月ではあるが、雨の合間を縫って、森林の清清しい空気を吸って、蒸し暑い夏を克服したいものである。

================================
[PR]
by tenpai8 | 2018-06-01 11:30 | 体育運動 | Comments(2)
Walking実績<2018.4月>


4月は畑作業の大繁忙月である。
冬野菜が大体終わり、跡地の起耕から整地、植床作り、さらに苗の植付等と、寸暇もない月である。
その結果、4月は農作業が優先し、歩行は後回しになってしまう。
とは言え、月間110km超の実績を残せたのは、リッパだ と自賛している。
旅路は、薩摩路もいよいよ最終段階になり、5月は故郷・熊本に入る。
体調も全く完全で、微塵の軽病も無しで4月を乗り切ることが出来た。
アリガタイ結果であった。

d0001763_08451786.jpg

d0001763_08454664.jpg

d0001763_08463323.png


====================================
[PR]
by tenpai8 | 2018-05-01 09:09 | 体育運動 | Comments(2)
Walk実績<2018.3月>
最近出席する会合での話題は、何処へ行っても定番は、
①  自分の病気の話
②  知人の病気と病状
③  知人の不幸の話
等々であり、酒の肴にまでスッカリと病気の話題が定着して来た。
ピンピンコロリに向かって努力する話題が、酒の肴であった頃に比べると、大きく様変わりである。
そんな中、我が身には、未だ話題にする程の持ち病と 懸念材料がないということで、アリガタサを痛感している。
これも、「日本一周Walk」のオメグミだろうと、内心自我自賛を禁じ得ない。
山路散歩で森林浴、花探訪、渓流の爽快音と小鳥の声まで満喫出来て、最高の道楽である。

3月も特段のこともなく、平平凡凡の中に過ぎ去り、実績もまた程々で終った。
宮崎から鹿児島への県境を南下中で、満開のサクラのトンネルも、今年は天候に恵まれ花も長持ちして、2周も週末を花見で過すことまでできた。




d0001763_14002843.jpg

d0001763_14005893.jpg

d0001763_14034463.png

かくて、4月1日は新年度のスタートであり、結婚57年の記念日を迎えることが出来た。
80歳を過ぎて、益々低下する体力に反比例して増大する健康障害を克服して、愉快に遊び、晩酌の味を極めるために、「日本一周」の歩行を、大いに伸ばしたいものである。

=====================================

[PR]
by tenpai8 | 2018-04-02 14:30 | 体育運動 | Comments(2)
Walk実績<2018.2月>
2月は寒波も残り積雪も多かったが、平穏無事に一月が流れ、平和な月であった。
寒さの中、我散歩の山路林道は、両側の山に囲まれて寒風が完全に遮蔽され、散歩に快適な道路となった。
今年はイノシシの活動も極低調で、路辺の荒れようも殆んど見られないようである。
猪害防止の駆除作戦が効果を挙げたようであり、今年は未だ林道での姿が一度も見られていない。
月間17日の林道散歩を確保できて、体調も最高の一月であった。
道は既に大分県から宮崎県に到達、日南の長い海岸線を南下中である。

d0001763_09232338.jpg
d0001763_09514286.png
2月は短い一月ではあるが、月間118kmの実績を上げることが出来て、満足の月であった。
前年比較では及ばないが、去年は日本一周のゴール直前でもあり、ラストスパートなので、全く意識外である。
ノンビリと日向路を南下しつつ、体調管理だけを意識したいものである。

d0001763_09260183.png

======================================

[PR]
by tenpai8 | 2018-03-01 09:43 | 体育運動 | Comments(2)