青島市の街角点描 2006.8.3
中国東岸に朝鮮半島に向かって黄海へ突出する半島、これが山東半島である。 この半島西岸の南端寄りに青島市がある。 この市は北京からも比較的近いことや、気候温和で風光明媚であることもあって、中国の屈指のリゾート地として、歴代の中国権力者達の保養地としても有名である。
山東省の友人を訪ねる時、この地は航空から鉄道への中継地となるため、必ず一泊のすることとなる。この回は第三回目であり、朱統宇とその姐一家三人と共に、市内観光をすることとなった。
青島はドイツの中国進出が近代発展の第一歩となったことから、ドイツの色彩が濃く残り、近代的な整然とした大都会である。有名な「青島ビール」も、ドイツの残した遺産の一つである。
d0001763_15463754.jpgd0001763_15494389.jpg

青島市南岸は黄海に開けており、海浜公園が連っている。第一海水公園
は、最西端で市の中心に近く、最も賑わう観光拠点シンボルである。
400mの桟橋が湾に真直ぐ突き出し、尖端に六角形の回爛閣が中国式
建築で情緒を盛り上げている。桟橋からの眺望は、近代的摩天楼が林立
しててる。
d0001763_16232791.jpgd0001763_16252673.jpg


桟橋尖端から海岸を振り返れば、ドイツ様式の建築が整然とのこり、
「青島ビール」の工場もこの東近辺に続いている。中国全国からの観光客
が、「コレモこの世か、楽園か?」と、感嘆する桃源郷だ。
d0001763_21371243.jpg


d0001763_21383950.jpgd0001763_21401647.jpg

海の景色を知らない中国の人々には、海の景色が新鮮で、蓬莱の国 
への希望の路、と映ったことであろう。桟橋手前の海岸には、このような
大リゾートのための巨大ホテルが林立する「別世界」である。

市内の街路の夜景を少し歩いてみよう。 黄海の豊富な栄養に支えられ
貝類が豊富である。有明海に似た西部差環境であるようである。
アゲマキ類、 マテガイ類、 ガサミ蟹類、 えび類、 が主体で食堂前の
水槽に、展示されている。 しかし、生魚を大規模に飼育しながらの、生魚
料理店は、まだ少ないようである。
d0001763_21562611.jpgd0001763_21572159.jpg

新旧、季節、地域の違いによって、色々の活動が展開されている。画一的
社会でないところが又、魅力でもある。



d0001763_2241176.jpg
d0001763_22172453.jpg
道端で商う季節果物も豊富で、市民達の心を シッカリシ捉えている。
d0001763_221995.jpg
一般市民の食堂は,地魚が無造作に 陳列されている。価格も
大いに安く、一般市民の心を満たしてくれる庶民食堂である。
中国でも海鮮食事が人気で、汽車の旅 6時間の泰安市でさえも生海老
が、レストランで安価で 食べられる程になっている。
d0001763_2220671.jpg
d0001763_22264136.jpg


市の中央公園は、海岸にあり、秋盛りの頃であったが、凧愛好の市民
が大勢集まり、自慢の見事な凧を披露していた。伝統的な見事な凧で、2~3畳敷もあるものもあり、百を越える連凧も中国の歴史を誇るかのように、摩天楼を見下ろして泳いでいた。
歴史と伝統の都市「青島」の点描である。

ご案内:
  各画像をクリックすると、画面左上に拡大画像の一部分が表示され
  ます。 その画像の最大化ボタンをクリックすると、全体拡大画像を
  見ることが出来ます。  多謝!
[PR]
by tenpai8 | 2006-08-03 15:44 | 旅の想い出 | Comments(2)
Commented by umeume0605 at 2006-08-18 23:59
こんばんは。小梅です。 コメントが入れられようになったのですね。
なかなか海を見る機会が少ない中国の方にとって 青島は 是非訪れてみたいところでしょうね。 
そうそう 写真だけの ブログをこの エキサイトブログに作りました
アドレスは http://umeume0605.exblog.jp/ です。 よかったら見に来てください
Commented by tenpai8 at 2006-10-20 11:13
小梅桑,你来了! 欢迎欢迎你!
你是第一来我家的真贵的客人。真心地欢迎你!
我做主页以后没看comments,今天第一次看自己做的
主页上的comments栏,就把你特意写给我的留言。
我觉得太高兴了! 太谢谢你了!
以后一定要常常看留言栏,就写回答吧。
那,再见!


<< 北海道的青春再来(第10号) ... 山東省農村の伝統的結婚式 20... >>