2006.5.31 新緑・奥の細道
梅雨を前にして、新緑もやや色深くなり、我が日課の散歩路も
初夏の色が盛りである。
山裾の農家集落からは、栗の花の匂も流れてくる。
九州自然歩道の一部であるこの道は、先ず大佐野タ゜ムから始まる。
d0001763_189326.jpg

ダム入り口の坂道の崖には、故郷と幼少時代が懐かしい スイカズラ が満開
d0001763_18132018.jpg

太宰府市の水道の水源貯水池は、満水をたたえて新緑に澄み渡る。
d0001763_18152742.jpg

この九州自然歩道に向かって渓流沿いの山道は始まる。
d0001763_20431026.jpg

ダムに流入する渓流は年中清水に溢れ、谷川に砕ける清流の音は
涼風を呼び、夏なお暑さ知らずの別世界を展開する。
d0001763_20501811.jpg

山路はアザミ満開の季節を迎えた。
d0001763_20523648.jpg

山奥の人もない道脇の アザミは 千客万来の賑わいである。
d0001763_20572893.jpg

d0001763_20582994.jpg

アゲハも人を恐れず、素直にパチリ、 山奥は娑婆とは別世界だ。
d0001763_214331.jpg

九州自然歩道の檜林は 湿気を含んで空気も澄み渡る。
d0001763_216231.jpg

こんなに可愛いチョウも、アザミの常連の客人だ。
d0001763_2175664.jpg

d0001763_2182273.jpg

ハナクモには絶好の狩場、こんな光景も。チョウは羽だけを残して
ハニクモのご馳走に。
d0001763_21121940.jpg

つい先頃 白い花を見たクサイチゴは 早くもこの真紅の玉が稔る。
d0001763_21142454.jpg

見事な自然の贈り物の ご馳走だ。
今日も 幼いあの日の味と香りが、口からのど一杯に広がった。
今日も 長閑で爽やかな一日が暮れようとしている。
今日も、かくてありけり、明日もまた かくてありなむ!
[PR]
by tenpai8 | 2006-06-01 18:11 | 自然探訪日記 | Comments(0)


<< 山東省農村の伝統的結婚式 20... 初夏早上山路散步特别爽快<... >>