人気ブログランキング |
令和元年・スイカ収穫スタート<.2019.7.5>

菜園つくりを始めて35年以上になる。
何が目的で土いじりを続けるのか?
それは作物の成長を毎朝観察して、更に実物野菜の実が完熟して、収穫する夢を楽しみに汗をかくのだろう。
15種類にも達する作物の中で、就中スイカの収穫ほどに嬉しいことはない
その訳は簡単、スイカの栽培は一番難しい作物だからでもあり、出来上がり果物の味か格別であることに原因するだろう。
7/5、今年も第一号の収穫を迎えることができた。
今年は目標の30個収穫は完全に達成できる。 原因は
 開花期に少雨で、雌花の受粉が順調であった。
 定植時の元肥施肥が上手にできた。
 カラスnet取付が適時にできて、カラス害をゼロにできた。
 少雨により根腐れ等細菌性病害がなかった。

         7/5、スイカ畑とカラスnet
d0001763_11340049.jpg
まだ最終結果ではないので、変動要素は大きいが、後の問題は梅雨末期の大雨の排水管理の徹底と根腐れ病の防止が重要となるだろう。


      重量:2kg 色、形も最高級だ
d0001763_18183340.jpg


      取立てのミズミズシサ、糖度も抜群
d0001763_18184245.jpg


梅雨の末期を迎えて、次々と完熟の球が誕生する。
朝露を楽しみながらの畑観察も最盛期になり、スイカを東京の曾孫に「無事に送り届けるか」が、最大の懸案事項となってきた。


============================================
by tenpai8 | 2019-07-05 16:00 | キハチの菜園 | Comments(2)
Commented by matutaka31 at 2019-07-07 21:21
スイカ収穫の喜びは一入ですね。
30個も収穫予想とは、流石に積年のノウハウの賜物でしょう。
我が家も今年は、カラスん被害もなく、すでに10個余り収穫しました。
今年のスイカは、好天のせいか、甘味が抜群です。
夕食後のデザートに毎晩楽しんでいます。
Commented by tenpai8 at 2019-07-08 10:18
5-6月の少雨で水汲みは大変でしたが、スイカは雌花付きと受粉が好調、日照で糖度も抜群。農業と自然の関係は複雑怪奇、
人智をもっては、測れませんね。


<< 日田・玖珠 納涼滝巡り walk実績<令和元年.... >>