人気ブログランキング |
2019縁側ブドウ園只今準備中<6.10>

新芽が芽吹きベランダのグリンカーテンに成長させるのは、可成りの経験的技術が要求される。
今年は5月の極少降雨で屋根の下全面に葉が覆えるか、大分心配した。
何とか第一目標・日除け機能は出来たが、 第2目標・巨峰の収穫は如何に!
ブドウは乾燥気候原産の植物
心配をよそに、花芽の発生はメジロオシ状態。
5月の少雨の中、花の受粉は格別、無駄花ナシの着果となった。

d0001763_09220110.jpg
6/1-2に若葉を食う害虫の殺虫剤散布、翌日は病気を予防する殺菌剤散布を終わり、
即時、屋根から外れる房には袋掛けを完了した。
この2019年豊作前の状況を記録するため、動画で全景を残すこととした。

    2019 軒下ブドウ園 只今準備中  ←  クリック

梅雨の雨の前には、全部袋掛けをおわり、8月からの収穫を楽しみに朝夕の観察が楽しみである。



===============================================



by tenpai8 | 2019-06-10 16:30 | Comments(2)
Commented by matutaka31 at 2019-06-15 10:19
庭の空間を活かしたグリーンカーテンの役割とブドウの収穫を
、見事に実現されたモデルです。
梅雨明けの猛暑を凌ぎ、秋の収穫が楽しみですね。
Commented by tenpai8 at 2019-06-15 12:35
今日は雨なので袋掛をやっています。天井が真っ白になり景色一変、粒も大分大きくなりました。
梅雨明けの炎天では、葉の焼け枯も出ますが、実は大丈夫です。
袋なしの粒が着色すると、ツマミ食いも楽しいものです。


<< 晩白柚待望の豊作が期待<... 令和元年アマナツ現況<6... >>