Walk実績<2018.7.31>
7月の初頭1週間は大豪雨等天候が悪く、殆ど散歩日和がなかった。
その分、その後は極力散歩の日数を確保して、月間では16日を確保することが出来た。
特に豪雨の後は、散歩する林道が、土砂崩れや倒木で通行不能箇所が発生して、途中までの短縮コースとなったので、距離が短縮となった。
  

     椎の大木は谷を越え林道まで     杉林は崖崩れで林道を塞ぐ   d0001763_11391137.jpgd0001763_11394202.jpg
植林後約50年の杉林が倒木して林道を塞ぎ、或いは谷縁の崖では、百年の大椎の木が崖を滑り落ちて、谷の対岸に迄根元から滑り渡っていた。

こんな訳で、洪水1週間は活動も殆ど停止状態であった。

その後は大分取り戻しが出来て、月間では16日の散歩日が確保できた。
旅路も長崎を間近に順調に歩を伸ばしている

d0001763_11215077.jpg

d0001763_11221929.jpg

月間歩行距離は相変わらず110km余りと伸びないが、ほぼ体力と天候面から見で、適当なところであろうか。
d0001763_11224073.jpg

今日は83歳の誕生日を迎えた。
今日は近隣老人歩こう会の定期活動で「二丈渓谷」に登山を楽しむことが出来た。
Walkの恩恵は益々顕著となってくる昨今であり、有難い限りである


==========================================
[PR]
by tenpai8 | 2018-08-01 14:30 | 体育運動 | Comments(2)
Commented by matutaka31 at 2018-08-01 14:40
息災で83歳の誕生日をお迎えのこと、おめでとうございます。
ますますお元気の様子、何はともあれ、お祝い申し上げます。
この暑いさなか、二丈岳登山とは、決してやさしい山ではないのに、
恐れ入りました。
7月の113㎞もご立派\(^o^)/
この元気で、今年の猛暑を乗り切ってください。
Commented by tenpai8 at 2018-08-01 16:55
二丈岳渓谷、すっかり忘れていました。我等4人で登頂したことを。流石に地域老人会の登山ですので、中間の研修施設まで、つまり、渓谷部分だけでしたが、結構キツイ登山でした。
オバチャン方が元気で登るので、キツイ一日でした。
私のHP 山と海に 当日の始終スライドがありました。
懐かしいですね。


<< 山路盛夏を彩る花<201... ベランダの巨峰グリーンカーテン... >>