Walk実績<2018.1月>
寒い寒い1月をようやく過し切った。
ラニィニャ現象と冬寒、とは言うが、これ程までに歴然とした結果が出たのは初めてだ。
太宰府に小雪の舞った日が幾日になっただろうか。
東京から福岡へ転勤した昭和48年の冬が寒くて、雪日の多さに驚いたのを思い出した。
7日からほぼ1週間カゼを引き、医院の薬を飲んでようやく14日から山路散歩となった。1週間のカゼ休養は久し振りである。
その影響で歩行実績も心配であったが、月後半に100kmクリアーの目標達成を意識したため、大寒波の中、どうにか一応の目標達成となった。
           
  旅路は大分からやがて佐伯へ

d0001763_10513031.jpg
               

d0001763_10523961.jpg


大寒波の一月と喉カゼの1週間休養があったにしては、延17日間で112kmの実績はマズマズの 好結果と云うべきではないか。
カゼが重症化しなかったのも、walkの効用であり、ワクチン接種の恩恵だっようでもあるようだ。
d0001763_10532314.png


==================================
[PR]
by tenpai8 | 2018-02-01 10:30 | 体育運動 | Comments(2)
Commented by matutaka31 at 2018-02-03 22:58
1週間も風邪に悩まされましたか。
私も風邪を引いて、10日ばかりモヤモヤしていました。
今年は殊の外寒い日が多いためと思いますが、やはり体力の
低下は否めないようです。
いつもの通り元気に歩ける状態になられたようですので、
これから先、体力の回復をめざしましょう。
Commented by tenpai8 at 2018-02-04 12:07
お互いにカゼには要注意ですね。普段のwalkの効果で症状は極軽微でした。今日からは今年最後の大寒波のようで、今日は家にオコモリの一日です。
甘夏の凍害も-1度位ですので、無事でしょう!


<< 大寒波居座る<2018.... 祐徳稲荷神社・奥の院参拝記&l... >>