Walking実績<2017.7月>
地球温暖化、日本熱帯化の進行は、加速度的に進行を始めた。
① 全く梅雨現象の無かった北海道が、8月になる今日まで、大洪水を出す梅雨前線の豪雨が定着して、消え去る気配が無い。
②福岡では、ドンナに暑くても、32-3度が暑さの上限であった。
 20才まで育った熊本・菊池でさえも、記憶では、32-3度がピークの様であった。

今年の猛暑は、タダゴトではないようだ。
シッカリと構えて、向かい打たねばならない。 と目標を明確にした。

こんなことで、歩行距離も行事が少ない割には、120kmに止まった。
それでも、山路歩行の日数は 20日に達しようとしているので、努力の成果はありそうである。
余りノルマをかけずに、体調管理が目的である、という程の7月であった。

        
          明日・8/1 は観音寺到着だ   
d0001763_21174202.jpg
           四国ももう直ぐに終わりだ
d0001763_21180271.jpg

d0001763_21182030.jpg


未経験の老年生活、加えて異常高温の中、
健康生活にも未経験の智慧と実行力が不可欠となってきた。

難しい条件の中ではあるが、前向きの目標設定により克服し、楽しんでゆきたいものである。


=====================================。
[PR]
by tenpai8 | 2017-08-01 10:30 | 体育運動 | Comments(2)
Commented by matutaka31 at 2017-08-01 23:05
この暑い中で120㎞とは上出来ですよ。
この暑さでは、意欲的に行動しようとする新たなエネルギーも出そうにありません。
35℃が常態化した今、新たな避暑策を考えなくてはなりませんね。
まずは今年の暑さを、どう凌ぐかが課題になりました。
Commented by tenpai8 at 2017-08-02 08:41
下界は猛暑で、トテモ歩く気になりませんが、山路の渓流沿いは、大分気温が低く歩くのも快適です。
お盆を過ぎれば、ラクになればよいですね。
後半月の辛抱になれば良いですがね・・・


<< 琉球エビネ・紫雲閣満開 灘山登頂ハイク記<201... >>