2016冬野菜作付完了
秋の長雨や異常高温など、今年は冬野菜のスタートは難題続きで始まった。
タマネギ苗の生産が大打撃で、苗の入手も大いに困難であったとの声も多い。
11.25の菜園植付状況・・・次の画面をクリックすると大パノラマ画面へ
d0001763_12414288.jpg

きゃべつ、白菜・早生、ミズナ も夫々元気で極順調に成長を続けている。
ミズナも9月から10月初の高温時には、大分心配したが、気温の低下とともに急激に勢力を回復して、瑞々しい「京サラダみずな」らしく出来上がってきた。
d0001763_1502722.jpgd0001763_1504840.jpgd0001763_15187.jpg


ホーレンソーは、発芽から段々と消えて流れる現象が発生して、いよいよ播き直しか、と決心さえした。
 連作障害は入念にチェックしたし、 土壌の酸度矯正は十分念入りにしたし、肥料も有機、無機バランスよく施肥したし、 品種も西洋種の強健多収穫種を選んだし。
それでも、“この結果やイカに” 大分ナヤンダものだ。 
そして結論は「高温障害」だったと確信!!!
あの弱り切ったホーレンソーが、最近元気を回復して、見事な生育ブリだ!
「ホーレンソーの早播きは絶対不可」という結論を噛締めた。
             チンゲンサイ、ホーレンソーの見事さよ!
d0001763_1561840.jpgd0001763_1563854.jpg

カツオナもワサビナも同じく、高温には不適応。更に、白色アブラムシの害で、生食にならないので、防虫ネットのトンネル栽培を実施して、美味しいサシミの添えや煮物にしている。
ハカタカツオナ           ワサビナ 
d0001763_104168.jpgd0001763_1053792.jpg


マダーボールも元気に育ち、ビタミン大根は高温障害で苦労しながらも、最近は元気を取り戻して、辛味大根おろしも頂けそうである。
カブはキヌハダ蕪の№1は収穫を完了したので、正月に間に合わせようと№2を播種して、若苗が元気に生長を始めている。

d0001763_15123589.jpgd0001763_15125025.jpgd0001763_1513640.jpg


かくて、今年の冬野菜は、異常高温と異常多に加えて、更に多雨という気象条件によって、多難の出発となったが、11月になって気温も低下し日照も戻り、どうにか豊作の色も見え始めてきたようだ。

===================================
[PR]
by tenpai8 | 2016-11-29 11:00 | キハチの菜園 | Comments(4)
Commented by matutaka31 at 2016-12-01 10:48
今年の野菜作りは、しんどかったですね。
それにしても、美味しそうな野菜がよく育っています。
工夫と努力のたまものです。お疲れ様でした。
鍋物の時期になり、我が家でも自家製青物野菜たっぷりの寄せ鍋を
楽しんでいます。
Commented by hirukake-2 at 2016-12-01 17:58 x
冬本番に備えて防寒対策なども施され、これから楽しみですね~・・・。

この秋は高温、多湿でネギ等も播種後移植しても消えたりで大変でした。
それでも自前の菜っ葉は良いですね~。
これからも楽しみましょう!
Commented by tenpai8 at 2016-12-02 21:35 x
matutaka31 さん、今秋は苦労しましたね!
結局、早植えの意欲が失敗の要因だったようですね。9月末か10月になって播種していれば???
との反省が残りました。
明日は2番播きのホーレンと蕪の移植をします。
Commented by tenpai8 at 2016-12-02 21:53 x
hirukake-2さん、苦労は多かったものの、海の幸はドッサリと眠っているし、野菜もこれから旬を迎えるし、キノコは山で採り放題、
ナベを腹いっぱい食べて、元気で冬を乗り切ってください!


<< Walking実績<20... 2016太宰府天満宮菊花展&l... >>