人気ブログランキング |
2016夏野菜から冬野菜へ<9.29>
異常高温の9月も、彼岸の到来とともに、幾分秋の気配が感じ取れるようになって来た。
台風2個も心配した割には、大した影響も無くて過ぎ去っていった。
園芸者にとっては、こんなに嬉しいことはない。

台風通過時候までは、冬野菜の播種は待つようにしていたが、2個が過ぎたので、20日過ぎから諸々の菜野菜を播種開始した。
             9.28菜園の全景<縮小>
d0001763_9204435.jpg






ワサビ菜、アスパラ菜、ビタミン大根、みずな、かぶ、ニンニク
 等は早めに第一段で播種を完了した。
播種の第二段は、大根、 カツオナ、タマネギ苗、である。

     2016.冬野菜開始の菜園パノラマ  ← クリック

タマネギでは、今年はトウ立の多い晩生の貯蔵用種をやめることとしで早生種と赤サラダ用種、更に古来の品種・中生種を採用することとしている。
昨日現在、発芽も極順調で一安心である。
昨日の天気予報で暫く続く秋雨への対策として、トンネルを丈夫に被せることとした

その他、冬用葉菜は2段階に定植することとした。
第一段: キャベツ・マダーボール他、白菜・黄心 共に早生種苗。
      芽キャベツ、 茎ブロッコリー、カリフラワー、

       第一段終了後の作物個々の状況  ←  クリック

今後、10月10-15日頃、大根、キャベツ、白菜、ホーレンソウ等の第二段播種と苗の定植を計画している。

9月末になり台風と秋雨前線の長期にわたる影響によって、梅雨をも凌ぐ大雨が定着して、発芽したての野菜を大いに傷めている。
発芽期にトンネルを忘れたカブは、多分再度の播種になりそうであるが、それにしても天気の安定が待ち望まれる。
by tenpai8 | 2016-09-28 16:00 | キハチの菜園 | Comments(2)
Commented by matutaka31 at 2016-09-30 10:53
台風・大雨対策も万全で、順調な生育ぶりですね。
行き届いた管理と元気な野菜の状況が、よくわかります。
当方、今年は特別、大雨による生育不良に悩まされています。
これからの天候回復に期待です。
Commented by tenpai8 at 2016-09-30 11:01
なかなかうまくは行きませんが、台風害が無いだけ嬉しいですね。台風に代わって大雨とは? 
天敵もサルモノ、無事乗り切りたいものですね。
今日はミズナやカツオナの移植でも、と思案中です。


<< Walk実績<2016.... 太宰府・初心者ランニング教室 開催 >>