初秋 野の花散歩<9月3日>
巷では 酷暑もようやく緩み始める頃、山路では早くも野の花が次々とリレーを始める。
名も知らない小花から比較的珍しい花まで、種類も多岐多様である。
珍しいものは、人々に持ち去られるので、なかなか出会の機会も少ないが、それでも毎年定番で登場してくれる馴染でもあり、待ち侘びた楽しい出会いでもある。
            珍客秋海棠は渓流脇の珍花
d0001763_13543823.jpgd0001763_1355396.jpgd0001763_13552326.jpg

ツルリンドウは以前は諸所に見られたが、最近山路では樹木の生長によって生育環境が大きく変わり、殆ど見られなくなって来た。
花も薄紫色が一般的であるが、この株は珍しい純白花の株である。
             純白ツルリンドウ
d0001763_13592832.jpgd0001763_13595779.jpgd0001763_1402255.jpg

             早咲きの萩もボツボツ開花
d0001763_1424680.jpgd0001763_143726.jpg

ボタンヅルは葉の形が、ボタンの葉に似ていることに由来するらしい。藪に絡む蔓であるが、花は群咲きの小花で、よく観察するとキレイな花である。
              ボタンヅルも今が盛り  
d0001763_1451723.jpgd0001763_145411.jpg

毎年道端を飾る花は、ミズヒキソウとキンミズヒキソウである。キンミズヒキはコンペイトウ型の実がつき、花は黄色で山路を飾ってくれる。
名前がオメデタクテ嬉しい花である。
              林道を賑やかに飾るキンミズヒキ
d0001763_1481231.jpgd0001763_148437.jpg

水源ダムの流入口の砂州に最近出現したのが、ミソハギである。今年で3-4年目になるが、今年は
50-60株が清楚な花を、ダムの水面に浮かべている。
               ダムの水辺を飾るミソハギ  
d0001763_8552013.jpgd0001763_859435.jpg

夏から咲き続けるオオマツヨイグサは、今も見事な黄金の花と沢山のゴマの実をつけている。
巷では過ぎ去ったこの花も、山路の大自然の中では澄み切った姿で立っている。
              黄金のオオマツヨイグサ 
d0001763_1491537.jpgd0001763_1493599.jpg

by tenpai8 | 2016-09-03 14:30 | 自然探訪日記 | Comments(2)
Commented by matutaka31 at 2016-09-04 21:32
植物の方が人より早く、季節の移ろいを察知するようですね。
私の身の回りにも、早くも秋を感じさせる花が目立ってきました。
これからしばらく、最高のアウトドアーシーズンです。
台風12号が無事通過することを願っています。
Commented by tenpai8 at 2016-09-05 09:41
秋の野の花、彼岸花、木の実拾い、秋は忙しくなりますね。畑も種蒔き、間引き、土寄せ、
楽しみがヒッキリナシ、目白押しです。
シッカリと楽しみましょう!


<< 無駄骨も うれしや野分 遠く去... Walking実績<20... >>