タッタ二つの晩白柚!<2013.12.27>
五月初め頃、夏ミカン等柑橘類の花が満開の頃、今年は特に晩白柚の開花が多く、何万個という程の花房が幹枝を覆い尽くして咲きにおった。
今年は20個程も収穫できそうだ・・・・・と、えびす顔になったのもツカノマのこと。花びらが落下して、枝の下は籾殻を敷き詰めたように晩白柚花弁の屑が降り積もった。
この段階で着果を確認するのは、至難の業であるので、果実がテニスボールサイズまで成長するのを待つしか方法は無い。原因は、葉の形と大きさが幼果の形や色と似ており、何回数えても結果は無駄骨に帰するからである。
今年は何度も、どんな方法で数えても、数えるどころか一つが見付らないのである。一月程発見作業を続けたが、とうとう発見できず、今年はゼロ、収穫なし と諦めて、根元からバッサリやるか、枝を切断してアマナツやスダチに接木して楽しもうか? と妻と相談していた。
          12月20日の様子、多分2kgまでになりそうだ!
d0001763_10323376.jpg

このことは時期と共にスッカリと忘れ果てていた8月のある日、この木の下を通り、何気なく上を仰ぐと、どうであろうか。
ソフトボールより大きな実がぶら下っている。よくよく全体を見るとさらに一つ、元気に成長しながら段々とブラ下がってきている。
着果したのが木に最高部であるため、葉陰に隠れて如何に方向を変えて探しても発見できない死角になっていたようだ。 これ以後、生長を観察してきたが、数が少ないのでサイズはどんどん大きくなり、11月半ばからは黄色に熟れ始めてきた。
         


1月の中旬の収獲予定が楽しみだ!
d0001763_10361964.jpg

今年は落果防止のスイカネットも取付けずにきたが、台風もなかったので、ここまでに完熟を迎えることが出来たようだ。
          アマナツも元気に成長中、収獲予定は210個
d0001763_10412541.jpg

[PR]
by tenpai8 | 2013-12-27 10:30 | 庭の果樹園 | Comments(2)
Commented by matutaka31 at 2013-12-29 09:45
我家も同じ現象です。今年は7個だけ。
他の人のを見ると大きいのが鈴なり!
いろいろ情報を集めると、どうやら肥料に原因がありそうです。
想像以上の大食漢らしいです。
Commented by tenpai8 at 2013-12-29 10:06
matutaka31 さん、7個とは立派な成果ですね、我家は2個ですから。原因は多分、一年前の厳寒の頃、畑果実野菜用有機肥料をドッサリと施肥しました。これが原因で花ブルイ現象を起こしたようです。
今年は着果までは施肥ナシにしてみます。結果や如何に??
施肥は着果後にユックリと。お楽しみに。


<< 冬野菜作付と作況<201... Walking実績<20... >>