2013玉之浦椿の接木総括<2013.9.27>
この家に住みついてから、もう35年以上になる。広い庭ではないが、長年の間に果物や花木が増えて、庭一杯になってきた。最初の頃園芸知識もないままに、方々で出会った花木・椿類が大きく成長して、椿屋敷になってしまった。切除廃棄も考えたがそれも忍びなくて、登山の折に発見した「宝満藪椿」や「灘山藪椿」を接木して楽しんできたが、昨年「長崎・五島の玉之浦椿」を入手して以来、この椿で庭全体を飾ることにした。
接木穂木数も限定されるので、頂いた剪定枝を挿し木して、その小鉢を台木に寄せ接ぎすることにした。
20年以上年齢の台木を切断して5株に寄せ接ぎ、2株に切断高接ぎを実施して、100%成功となり、順調に成長をしている。
№1 →№5は差し芽鉢植の寄せ接ぎ
d0001763_1131433.jpgd0001763_11321254.jpgd0001763_11322631.jpg


d0001763_11341547.jpgd0001763_11343125.jpgd0001763_11345532.jpg

№4は山茶花台木であるが、早くも蕾が3個着き開花も確実のようである。
d0001763_1138213.jpgd0001763_11381950.jpgd0001763_11383954.jpg







d0001763_11401396.jpgd0001763_11402796.jpgd0001763_11404619.jpg

№6→№7は藪椿の自然実生台木を切断して、接ぎ穂による高接ぎの結果であるが、順調に急速に成長しているが
まだ、蕾は見られないようである。
d0001763_11434081.jpgd0001763_11435324.jpgd0001763_11441192.jpg

[PR]
by tenpai8 | 2013-09-27 12:00 | 庭の果樹園 | Comments(0)


<< Walking実績<20... 山路のツルリンドウ開花<... >>