酷暑旱魃に菜園四苦八苦<2013.8.23>
気象観測開始以来の高温記録で埋まる日本列島。北は大洪水、南は大旱魃、我福岡県も大地はカラカラに乾き切ってきた。庭の草花や雑草も葉は枯死寸前の状態で、アジサイ等は灌水でようやく延命状態になった。
幸い我菜園の真横には、下段の水田群に配水する水口水路が開口しており、豊富な水を吐き出している。バケツ一杯は10秒余りで満杯になる、有難い水源であ。
水田は今が開花の真っ盛りで、水も十二分に供給されている。水源堤もまだまだ満水であり、安心である。
   水田の彼方には雲を頂く宝満山         水田の水口は流水一杯
d0001763_13235494.jpgd0001763_1324996.jpg

ミニトマトは最新品種が4株、今年もよく働いてくれている。
d0001763_13291369.jpgd0001763_13292947.jpgd0001763_13294927.jpg

キュウリ<ナツスズミ>は大活躍で、多くの友達と家族の健康を増進してくれた。
d0001763_13492573.jpgd0001763_13494130.jpgd0001763_1350828.jpg

大玉トマトも病気を完全克服できて、見事な収獲と味とを楽しむことが出来た。Ca対策の大勝利だった!地這いキュウリも元気に育ち始めている。


d0001763_1355177.jpgd0001763_13553481.jpgd0001763_13555353.jpg

オクラは昨年自家産種子を失敗したので、購買種子にしたが、良くなかったので、改めて自家産の種子を採種して、品質保全をしたいものである。ワケギも第1段を早期に植付た。
d0001763_1423543.jpgd0001763_1424976.jpgd0001763_143529.jpg

ナスはスベテ順調であり、これからもアキナスの季節であり、ビーマンも炎天で熱害もあるが、これからが本格的な収獲を迎える。
d0001763_1461731.jpgd0001763_1463684.jpgd0001763_1465588.jpg


d0001763_1491359.jpgd0001763_1492675.jpgd0001763_1494069.jpg

クロマメの最大の敵、アメリカシロヒトリも隣家の庭木に発生するので、早期駆除を依頼して、今のところ形跡は無いので、この分で行けば、豊作は確実だろう。
台風への対策を早急にしなければならないようだ。

クロマメやモロヘイヤも大分丈が高くなって、菜園の景色も濃い緑になってきた。後は台風が来ないように、雨乞いの次は「台風払い」となってきた。農業は結局は神頼みから離脱できないようだ

菜園主要部の全景ワイド ←Click
[PR]
by tenpai8 | 2013-08-23 11:00 | キハチの菜園 | Comments(2)
Commented by matutaka31 at 2013-08-23 17:15
豊富な水源に渇水知らず・・・羨ましい!
それにしても、草1本も見当たらない見事な管理!
丹精込めた菜園の出来具合、お見事です。
健康増進に大きな役割を果たしていますね。
Commented by tenpai8 at 2013-08-23 17:49
今日は! 今、山路から帰宅。ブヨに攻撃されて折角の山路もガックリでした。お褒めを頂き、感謝です。菜園の魅力に取り付かれ、退屈の定年等、辞書から無くなりましたね。お互い大いに楽しみましょうか!


<< 今年の不思議<害虫発生希... 2013.8.10クロマメ情報② >>