Walking実績<2013.6月末>
想像していた通り、北海道は札幌から北進して進むにつれて、駅の間が伸びて、次の駅に着くのに退屈する位である。何となく目標設定に爪掛りが立たないようだ。名寄、幌延等という地名は、九州にいると殆ど耳にすることがなく、中学の地理の勉強で聞いただけの地名のような気がする。
d0001763_1032725.jpg

しかし、もう目前に稚内が迫ってきているのだ。7月には稚内に到達したいものである。そこで始まるエンドレス最果ての旅、秋が来る頃には、何処まで辿りつけるか。ただ黙って進むしかない孤独の旅である。
d0001763_1042524.jpg

6月は菜園の夏作物植付の最盛期であり、散歩の日数が大いに減少した。かと言って、無理をすればマイナス効果になる。無理なく楽しみながらの山路散歩は、野の花の季節であり、大いに季節感を満喫できたし、月間実績も80kmになったし、昨年対比で見ても、まずは満足の域であったようだ。
d0001763_105099.jpg

[PR]
by tenpai8 | 2013-07-04 10:01 | 体育運動 | Comments(2)
Commented by matutaka31 at 2013-07-04 17:15
北海道は梅雨がないので、一人旅でも、心が弾む旅になりましょう。
こちらは梅雨真っ最中。
梅雨がなければならないのは分っていながら、やはり鬱陶しいですね。
なんとか気を取り直して、歩きましょう。
私は今仙台を過ぎたところです。
Commented by tenpai8 at 2013-07-05 08:48 x
matutaka31さん、北海道に梅雨がなく快適な季節であったことは、忘れ掛けていました。半世紀以上昔のことですからね・・・・・。オホーツク海の浜風に向かって咲くハマナスの花園を満喫しましょうか。


<< 2013夏野菜収獲最盛期へ 2013トロバコ花菖蒲園パノラ... >>