2013トマト病気完全克服<2013.6.13>
大玉トマトの「シリ腐れ病」の正体を突き止めたのは、昨年「花畑園芸公園」の指導の結果であった。原因はCaの欠乏症である。今年は事前によく植付予定区画の起耕に際して、「生石灰」を十分に施、肥料は草木灰だけにして、排水のため畝を高くして、マルチを被せ雑草と土壌の流失を防止した。
現在までの経過では、シリ腐れ病の気配は皆無で、玉の着果も玉の肥大も頗る順調である。施肥無し、により玉の成長不良の懸念もあったが、全く肥料分不足の兆候は無く、土壌の保有する残存養分の豊富さも再確認出来た。
そろそろカラスnetも入念に     果実のtopの色も健康、熟する前に白色化
d0001763_936239.jpgd0001763_9372685.jpg


大玉種も一房に4-5果が着果            桃太郎は既に熟し
d0001763_9431377.jpgd0001763_9435166.jpg







黄色、オレンジ色小玉種は多くの牛糞堆肥と草木灰だけ。      
d0001763_946135.jpgd0001763_9464476.jpg

オレンジ色種の見事な果房           中玉種もそろそろ熟寸前      
d0001763_9484365.jpgd0001763_949669.jpg

昨年までの「シリ腐れ病」が昨日のことのようだ。
d0001763_1563216.jpgd0001763_1572255.jpg

かくて、前々から悩み抜いてきた「トマトシリ腐れ病」も完全克服で、完熟完全有機栽培の甘い風味絶佳トマトを主食程に楽しみながら暑い夏を乗り切れそうであ。
[PR]
by tenpai8 | 2013-06-13 14:30 | キハチの菜園 | Comments(2)
Commented by matutaka31 at 2013-06-17 09:14
消石灰使用=酸度調整+ca補給の効果、一目瞭然ですね。
苦土石灰依存しすぎを反省させられています。
栽培技術改善の新たな情報、有難うございました。
Commented by tenpai8 at 2013-06-17 14:48 x
matutaka31さん、お互い好きな道、好きな遊び、定年後も楽しい毎日で、結構三昧ですね。菜園の観察や考察、目からウロコの発見等、銭も掛らず贅沢な遊びですね。今後共によろしく!


<< 2013トロバコ花菖蒲園パノラ... 2013夏野菜収獲開始<... >>