Walking実績<2013.4月>
高齢化を克服するために、年を取った・・・という意識を排除して、できるだけ物事の計画段階を緻密にするべく、常に意識しているが、特に畑仕事と山路散歩とは時間配分に競合関係が生じるので、ナカナカ難しい。
畑は冬作物が一つ終われば直ぐに、その区画を夏作用に起耕して、労力の季節集中を避けているが、4月は花も咲けば遊び事も多くなるし、雨も多いし・・・という具合になって、散歩の道もなかなか伸びない。だが、無理して逆効果にならないようにするのも、これ又高齢時になっての要でもある。
と云う訳で4月は100kmを未達に終わったが、マズマズの結果ではなかったか? 5.6月も大体こんなところで推移するのが、健康管理からは無理のないところだろう。
札幌もアット言う間に通り過ぎ、岩見沢から滝川にまで届きそうになってきた。
d0001763_123129.jpg

牧草畑の一番草の刈取りと日干し作業が、広大な畑で大規模刈取機で盛んな頃であろうか? 畑のデントコーンの若芽が初夏の風になびいてカッコーの声が絶え間なく防風林の梢から響いて、長閑で最高の北国の春・・・・・。フキノトウも毎日晩酌の肴に。夢いっぱいの北海道の初夏だ。サクランボも最盛期だ。
d0001763_123426.jpg

d0001763_1235393.jpg

[PR]
by tenpai8 | 2013-05-02 12:30 | 体育運動 | Comments(2)
Commented by matutaka31 at 2013-05-05 09:51
4月は、なかなか距離が伸びませんね。
百花繚乱の北海道のはずが、今年は5月の降雪とか・・・。
それでも間もなく、爽やかな春が楽しめるでしょう。
ご健闘を祈りつつ。
Commented by tenpai8 at 2013-05-05 17:13 x
matutaka31さん、とうとう長い道中、すれ違いは出来ませんでしたね。私の北国の避暑旅行のうちに、貴殿は東海道53次を西走中かも?
遅れないように頑張りまーす。


<< 2013夏作物出揃う<2... 乌鸦和野猫崽 <カラスと... >>