人気ブログランキング |
宝満やぶ椿厳寒に開花<2013.2.6>
私は自然大好き人間である。
福岡に転勤という幸運を得て、福岡の自然環境の豊富さに、驚きと大満足の定年後を楽しむことが出来ている。山あり、磯あり、畑あり、おまけに酒も天下の名所。 誠に嬉しい限りではないか!
男も自然の花の優雅さ、優美さ、神秘さには、心底心を安らぐものである。
宝満山の南麓から登り始めた「宝満山」の神秘には、経験を覆す感動を強烈に味わった。滝登りのコースには、他にはない独特の自然の味わいがあるが、加えて、わが心を打倒したのは、「ヤブツバキ」の独特の「花趣」であった。幾度となく、この谷を登っては、春から初夏にかけて「宝満やぶつばき」の花探訪を楽しんできた。

                     無名滝の静寂
d0001763_10115415.jpg

「百日絶食記念碑」という修験者の偉業達成記念碑が、今も登山者に修験僧の鬼信念を伝えている。その記念碑の近くの沢が、宝満ヤブツバキの花が最高にキレイな場所であることを知った。


山の神に最敬礼をして、最高の花の木から2-3小枝を頂き、挿し木を育てたのが、この花である。
思えば昔のことである。十と三、四年は昔であろうか。
d0001763_17344257.jpg

キリリと引き締まった花全体の姿、花弁の切れ込みの優雅さ、オシベの小さく可愛らしいさま、形容の言葉を失うほどである。
d0001763_17464877.jpg
d0001763_17394027.jpg

昨年からは、五島の「玉之浦つばき」も加わって、ヤブツバキの風情が存分に楽しめそうである。この他にも福岡県、糸島市の磯の山からも、素晴らしい「灘山やぶつばき」が加わって、ヤブツバキの庭がいよいよ元気に育ってきた。嬉しい限りである。

=====================================
by tenpai8 | 2013-02-08 22:30 | | Comments(8)
Commented by matutaka31 at 2013-02-09 11:11
椿のシーズン到来ですね。
我家にも4本椿の木がありますが、いずれも八重咲きで、やぶ椿はありません。
外で見かける椿では、やはりやぶ椿が綺麗に見えます。
緑とシンプルな赤が良く似合うからでしょう。
Commented by tenpai8 at 2013-02-09 11:31 x
matutaka31さん、厳寒の中、赤が新鮮ですね。共感頂き有難うございます。我が家では八重椿が、皆接木でヤブに変わりました。10本以上ですが、ヤブだけを、ヒヨドリカが花を食べるのが、少し残念ですね。
Commented by M.Tanaka at 2013-02-12 15:38 x
とても美しい椿。美しいものを美しいと感じるこころの現われた写真。
岡本さんの宇宙。
父に貰った肥後椿が我が家からきえて、10年になるなあーと、さりながらその花は、私のこころに今も咲き続けています。
ああもう、センチメンタルなこと笑ってください。
Commented by tenpai8 at 2013-02-12 16:24 x
M.Tanakaさん、ようこそ! ヤブツバキの心に、ご心酔頂き、有難うございます。これからが この花達の季節です。また仲間の花も ご覧頂ければ幸いですね。再見!
Commented by  taminamikawa1 at 2013-02-12 20:34 x
冬の寒さにも負けず、凛として咲く椿に癒されながらの
山歩きも一興ですね。
Commented by tenpai8 at 2013-02-12 21:13 x
taminamikawa1さん、ご来駕有難うございます。山を楽しみ、植物との出会いを喜び、出会いの友として、日常のお付き合いに。大自然の友は、人、植物、動物ミンナよき友ですね。
Commented by M.Tanaka at 2013-02-28 10:48 x
2月13日 日経新聞の文化欄に大宰府宝満山に登頂5000回 32年間かけて5065回 江島陽太郎氏(現在76歳)の記事がありました。
岡本さんの山ですね。大豆を煮ていることを忘れて読んでいて、焦してしまいました。記事を送ろうかとも思いましたが、図書館、銀行etc・・・・
でお読みなれますのでお知らせまでしました。
すでにお読みであれば、悪しからず。
Commented by tenpai8 at 2013-03-01 13:09 x
M.Tanaka さん、ようこそ! 宝満山に興味を頂き嬉しいですね。私が登山の折にも裸で短パン姿の偉人が崖の石をジャンプで駆け抜けて行っていました。古くは最澄が中国へ渡る前にこの山に寺を建立した等‥、面白い山ですね。夏はまた滝での納涼を楽しみます。


<< 寒溪荪(kanayame 寒あ... Walking実績<20... >>