駄句雑句散歩道<2011.12月まで>
                             
都会の自然は年毎に温暖化の一途である。我住む町のセミの声も10年前とは様変わりである。
昔は梅雨半ばに ニイニイのか細い声から始まり、ガラガラ、続いて喧しいワシワシ、最後に二学期の始まる前には、ツクツクが「宿題シターカ」と鳴き出していた。
昨今の福岡市天神街路樹のワシワシ、ガラガラ蝉の狂様は、誠に以って困った有様だ。
 だが、我庭から1キロ離れたダムを過ぎ、山路に入ると昔ながらのセミの世界が展開している。街では殆ど声が途絶えたニイニイが絶世のセミシグレであり、これに続いてヒグラシが林間を震わせる。8月に入る頃にはツクツクの全盛となり、山路のセミの世界も終息し来年まで地下の無声の世界に眠ることとなる。

山、林、谷、夕暮れ近く山路に西日が僅かに漏れる頃、山路ではヒグラシの声があたりの全てを吸収している。夕日もいよいよ落ちて、一帯は俄に夕暮れの気配が。この一瞬、ヒグラシの声も突如として沈み、山路の一日が終わるのである。

ヒグラシや  夕日ときそい  沈みけり   7.26  d0001763_11324563.jpg

フウランの 揺れる窓辺や 小さき秋

山路の西側の土手高く野萩が咲き乱れ、花粒は枝を垂れ曲げ色鮮やかにこぼれている。こぼれる花は夕空を茜空に染め上げている。

萩粒や  融けて西空  茜染め      9.30

毎年秋になると何故か干柿の皮剥きがしたくなる。終戦後の食糧難の頃、よくよくこの仕事をしたものだ。今だに この習慣が蘇ってくる。干柿を干す柿の陰も柿の色も、日一日とツルベ落しに色濃くなって、冬の気配が迫ってくる。

 干柿や 日毎に影の 濃く落ちて       11.30  
                              
山路を切れ間なく咲き飾ってきた野の花も、流石に11月にもなれば後が続かないようだ。咲いては賑わせた野の花達も、今は実を結び命を繋ぐことに懸命で、色を着けて小鳥を誘ったり、甘い味を着けたり思い思いに智慧を絞っている。


 野の花の 稔りて熟れて 霜の月       12.11d0001763_1137227.jpg



今年は近年希な年でカメムシの発生が少なく、庭の甘柿が大豊作で3-400個も収穫できた。
余りの美味しさに、残り少なくなった珠玉に伸ばす手は躊躇いがちである。

名残りおし 最後の柿に 手や伸びず     12.12
                         

d0001763_11383882.jpg
   
茜ゆき   沈む紅葉に  点く灯り     12.23

   

今年の越年は厳寒に震えた。山路の奥・峠には残雪が消えず、山路脇には沢芹の若芽が元気で、葉の色にも生命力が漲っている。

残雪を  宿し若芹  光るあお         1.3

d0001763_11422860.jpg

この年は年末に来て、予想できない悲しい別れが飛来した。長年地元のマラソン同好会に席を置き汗を共にしてきた親友が、アレアレという間に彼岸へ旅立ってしまった。
人格温厚、誠実無比、不言実行、焼酎絶好、走力超人という 将に“男の中の男一匹”の好男子であった。加えるに園芸愛好家ということで、畑においても四季を通して同じ大宰府の菜園を耕し、汗を共にしてきた仲であった。8~9月までは畑や山路散歩の道で時折出会っては、山河の状況を挨拶会話にしてきた仲であった。
友の踏みしめていた茅の枯葉には、新年の大寒波による残雪が消えず、彼の足跡を偲び名残りを惜しんでいる。友の安らかなご冥福を祈るばかりだ!
合掌!

   友逝きて  残雪寂びし  かや朽ち葉       1.4
by tenpai8 | 2012-01-06 12:00 | 駄句雑句散歩道 | Comments(4)
Commented by matutaka31 at 2012-01-06 13:46 x
何れも味わい深い名句そろい!
今年も、どうぞ存分にお愉しみください。
≪友逝きて  残雪寂びし  かや朽ち葉≫
人生の無常、私も噛みしめました。
 
Commented by tenpai8 at 2012-01-06 17:22 x
matutaka31 さん、過分の褒め言葉、有難うございます。あくまでも駄句は駄句、されど自然を愛する気持だけが表現出来ないかと・・・・・・
そんなところです。有難うございます。
Commented by M.Tanaka at 2012-01-07 10:48 x
お健やかな迎春のご様子を拝見。
佳き歳であって欲しいとそう心から願わずには入られません。

残雪を被ぐ若芹光るあお
名残りおし最後の柿に伸びぬ手や

俳句は判りませんが、友人として私の感想です。
悪しからず。
今年も元気に生きましょう。
Commented by tenpai8 at 2012-01-07 13:30 x
M.Tanakaさん、おめでとうございます! 駄句雑句らしい見事なヤブレブリでしたね。成る程、ナルホド、今年も山路散歩の余興として楽しんでみます。度々のご来駕をお待ちしております。よろしく!


<< 新春の庭花<2012.1... 2011.日本一周ウォーキング... >>