手作オセチ奮戦記<2011.1.4>
福岡市内に息子一家が住んでいる。
年間3-4回は盛大に手作り料理で家庭宴会を開いている。孫娘も年々成長して、長女は既に自立、次女は大学3年、これ叉来年は自立予定である。スッカリ大人集団に変身しての「家庭宴会」である。
孫娘達も見掛けによらず、「酒には強く」宴会は愉快を極める。
この意義ある宴会のため、家内と二人総力結集「手作り料理」をするのが定番である。来客4人もご馳走を大歓迎し、「残りは持ち帰用として開宴前に弁当箱に確保」しての周到さである。
我腕前は、その昔食肉加工学で習得した「燻製」である。
シシャモの即席燻製               豚肩ロースの黒ゴマ燻製
d0001763_11511280.jpgd0001763_11524294.jpg

とり手羽先の薄塩コショウ燻製は簡易燻製釜の中 
                         卵は卵殻を細かく割って味浸透後燻製
d0001763_1153951.jpgd0001763_11533183.jpg

簡易燻製の武器は、ヒチリン、鉄製中華鍋、丸型鉄網、燃料は木炭少々、燻煙材は適当に。桜、ヒッコリー、樫、等等。蛸の足の燻製は人気抜群であった。
家内の自慢は熊本直伝の「辛子蓮根」、結婚後40年以上作り続けて、今では絶品が出来上がる。特に今年は蓮根の質が良く味も格別であった。
クロマメは自慢の自家菜園の特産「丹波クロマメ」は黒艶がピカイチである。ブロッコリィは白、黄色総て自家菜園で牛、鶏肥料育ち。
d0001763_12192259.jpg

美味そうに煙も着いて・・・・イタダキマース!
d0001763_12195966.jpg

かくて今年の越年も平平穏穏裡に満喫することが出来た。
by tenpai8 | 2011-01-04 11:00 | 雑感雑記帳 | Comments(4)
Commented by matutaka31 at 2011-01-04 15:01
豪華なお節料理、しかも手作りとは驚きです。
一寸箸を伸ばしてつまんでみたくなる、・・・(*^_^*)
よく見ると酒の肴になりそうなメニューのオンパレード、いける口の家庭宴会ならでは・・・ですね。
Commented by tenpai8 at 2011-01-04 15:15 x
matutaka31さん、毎度のお出まし、有難うございます。
この肴は酒を選びません。何酒でもピッタリ。当日孫娘達は八鹿ドブロクを専らにしてご機嫌でした。 是非試作をお勧めいたします。
有難うございました。本年もよろしくお願いいたします。
Commented by Motokotanaka at 2011-01-06 14:30 x
たこの足の燻製は、この大きさでも柔らかいのですか。
からしレンコンのお手製、是非レシピを教えてください。
うちでも家族の好きなおせちばかりを手作りしますので・・・・
なお見習わせていただきます。
私も入れ物持参で遠慮会釈なしで確保して持ち帰りたいです。
また作ってくださいとしゃーしゃーして・・・・・
Commented by tenpai8 at 2011-01-06 15:12 x
Motokotanakaさん、ご来駕有難うございます。作るのは簡単ですよ。原料を選ばず、味付けを選ばす、完成品はチットシタ自慢の味、間違いなしです。今年は是非挑戦してみて下さい。カラシレンは技術難度が高いようですが、カーチャンとジックリとご検討を!ビールがハカドリますよ。


<< 2011新春登山<2011.1.8> 日向柑 新春の空 黄金射し<2... >>