人気ブログランキング |
ホウレン草満足の出来<2010.2.22>
この農地を近隣の農家から「田圃一枚」そっくり借り受けて、農の道に顔を突き込んで、既に十年も経つであろうか? 大抵の作物は立派に収穫できる腕前になった今日である。
我菜園は、植物園ほどに作目が多い。その理由は、食卓の栄養バランス上 季節毎の黄緑基幹品目は全てを自給するという目的があるからである。
 さて、あのありふれた作物であるが、ホーレンソウは、ナカナカの曲者である。第一に連作に対しての拒絶反応が大きく、土地の酸度に対しても拒絶が最大・・・・と、なかなかの曲者。これを如何にして打破するかが、今年の第一の課題である。
先ずは結果から見て頂こう。
d0001763_1755066.jpg







実行した着眼点は
1. 品種の選定 → 日本種は欠点が多く、我目的から大きく反する。そこで西洋系のハイブリッド種子を選定。 2.栽培予定地の酸度調整は消石灰を程々に施す(過多排除を念頭に)。3.肥料は多窒素有機肥料をガツンと多給することとした。4.これまでのところ、結果は絶好調というところである。
d0001763_1844713.jpgd0001763_1863597.jpg

自我自賛であるが、これ程のホーレンソーは見たことがない。「厳寒の露地栽培」なので、頑強な根と部厚い濃緑の葉は、コレゾ生命の泉と言うべき風格であり、食味も甘味タップリで十分に満足し収穫を楽しんでいる。

名前は不明であるが今年初めて挑戦した作物がある。
カリフラワーとブロッコリーの交雑種由来の花野菜だということである。三年前に苗屋で買った時には「連山」という名で苗を販売していた。
今年は種を仕入れて、育苗したが、育苗が巧く行かずに、失敗加減であったが、なんとか可食の収穫が出来た。食べるより観賞用花として、食卓中央に飾りたいほどに綺麗な姿である。
そろそろ冬野菜も終盤となり、跡地が空いてきた。次なる夏野菜の植え付け設計に、夢も膨らむ春の宵である。
宝満山を仰ぐ畦道では、トロバコの花菖蒲が真面目に花芽を含む若芽を膨らませ始めている。
d0001763_20522968.jpgd0001763_175507.jpg

by tenpai8 | 2010-02-22 17:00 | キハチの菜園 | Comments(4)
Commented by matutaka31 at 2010-02-23 11:44
tenpai8さん 見事なほうれん草ですね。 私は、もう何年もほうれん草を作っていますが、こんな立派なほうれん草は作ったことがありませんよ。
霜にあって、さぞ美味しいことでしょう。(*^_^*)
Commented by tenpai8 at 2010-02-23 22:14 x
matutaka31さん、お褒めの言葉有難うございます。私自身もビックリしているところです。鶏糞、発酵菜種粕中心の肥料と、発芽後の4-5枚葉の時期に、2-3本単位で、移植をしました。これがポイントになったのかも知れません。味も全て抜群のようです。有難うございます。
Commented by ヒロピー at 2010-07-02 13:07 x
はじめまして 素晴らしいホームページですね。
トロ箱菖蒲園ではじめて見させていただきました。
18番の写真がいいですね。魚の入ったトロ箱での栽培ですか?上の写真は広い陶器の鉢にいってるようですが、
それとほうれんそうですが 発芽後の2~3本単位で移植する・・とありますが2~3本まとめて 植えつける という意味ですか。ほうれんそうの移植はしたことがありませんので 教えてください。
6月29日の収穫で とくに ニンジンがいいですね。こんなにりっぱな ニンジンを作りたいです。モロッコインゲンもやわらかくおいしいですね。
Commented by tenpai8 at 2010-07-14 11:24
ヒロピーさん、コメント投稿に気が付きませんで、失礼しました。花菖蒲は素焼きでもビニールポットでもよいし、直径20cm位の鉢で、高さが15cm位の鉢。土は水田の土です。ホーレンソーは播種後発芽にムラが出来たりしますし、蜜なところは間引きすることになります。この間引きする分を1~3本すくい取り、別のところにそのまま移植するのです。ニンジンも風味抜群だし、モロッコも絶品です。お試し下さい。


<< 八位姑娘们观赏了天满宫盛开的梅... 我的园子是个小鸟的乐园<201... >>