2009.9~10月、秋・駄句雑句<11月20日>
残暑は厳しいが、自然は敏感に季節を捉えながら「小さい秋」は、一歩一歩近付いている。庭の片隅には雑草化して忘れ果てていたニラが、何時の間にやら 白い花束を数本掲げている。忘れられた素晴らしい花束ではないか! 秋の涼風が一度に漂ってきたようだ。
  ニラ花を  吹き抜け風の  白くなり

秋は何と言っても彼岸花だ。 宝満山何麓の棚田には、隠れた彼岸花スポットが点在している。此処を訪ね始めて、もう何年になるであろうか? 最高のスポットは毎年変遷するが、毎年数個あるスポットの内の何処かが絶佳のスポットとなる。宝満山の遠峰と棚田畦の彼岸花の絶景こそは、コレゾ日本の代表景色 と言えよう。
 峰高し  棚田染め上げ  彼岸花
d0001763_21222851.jpg


 綿雲の  綿まで滲む  彼岸花
d0001763_21232717.jpg

山路の9月は秋の色が一段と濃くなってくる。 毎年散歩の山路に篠栗が落ちている。都度20個位の収穫をして、帰るのが山路散歩の日課である。
  落ち栗を  数えてうれし  山路かな

この頃はイノシシの活動が激化する季節である。山奥の小畑にも、渓流の源流から清水を導き シシオドシ が出来る。見事な出来栄えである。イノシシが来なければヨイガ? と思いつつ。
  ししおどし  こずえを越えて  駆ける峰 
by tenpai8 | 2009-11-20 12:00 | 駄句雑句散歩道 | Comments(0)


<< 収穫間近・今年の作柄は?<11... 2009初夏から夏へ<10月17日> >>