2018初夏の大ヒット野菜の収穫<6.9>

イチゴは梅雨の多雨の時期に収穫時期となるため、栽培を躊躇していたが、ビニールトンネルが意外に簡単であることを知り、昨年から栽培開始した。
今年は、生育もよく、収穫も予想外の好調で、満腹にまで味を堪能できた。

起源は、品種不明の中粒種、近隣からの頂き物苗

d0001763_09280659.jpgd0001763_09281903.jpgd0001763_09283783.jpg極ありふれた基幹野菜ではあるが、
意外に曲者はタマネギ
である


今年は昨年失敗した晩生貯蔵種は廃止して、早生サラダ種、赤生食種、普通中生種の3品種とした。
早生サラダ種は食味も優れ形態もよく、保存性もよく12月までは十分である。
  
早生サラダ種の収穫。 トウ立ち無し
d0001763_10333189.jpgd0001763_10334400.jpg
赤タマネギは去年以来、品質も良く、作柄も満足で、トウ立ちも皆無あった。
d0001763_10340606.jpgd0001763_10342791.jpg

ニンニクの栽培は、未だ経験が浅い。
博多8片の味に魅せられて今年は重点的に作付けすることとした。

ニンニクは種子球根が高価であるが、今年は中国産の種子が、ホームセンターで安価で販売されて、品質も良好であったので試験することとした。
発芽と生育も国産種子に劣らず、極順調に収穫を迎えた。



収穫前のニンニクの生育状況
    
d0001763_09022503.jpg
 

収穫直後の球根の様子、球根の充実度、風味良好
d0001763_09024578.jpg
 

タマネギ中生種の出来映え、納屋にて乾燥中。形、ツヤともに良好。
d0001763_09031133.jpg
かくて、我が菜園の初夏の収穫は、大成功裏に終息することができた。我家の納屋(カッテの東洋ラン小屋)は、球根野菜の乾燥納屋となって大活躍している。  
d0001763_09032819.jpg
 

====================================       
[PR]
# by tenpai8 | 2018-06-09 09:30 | キハチの菜園 | Comments(2)
Walk実績<2018.5.31>


5月は大型連休で始る。
しかし、冒頭からカゼ引きで1週間の静養から始ることとなった。
5月は畑作業の年間最多忙期である
冬作物の跡整理、起耕、植床つくり、苗の購入、植付 等々と多忙を極める。

そこで、畑作業を優先して、Walkは第二儀的にして、過労の管理をすることとした。
結果として、Walk実績は停滞したが、近隣の歩く会の耶馬溪walkと走ろう会の人吉合宿訓練に参加した結果、日々1万数千歩を加算できて、月間100kmをクリアーすることが出来た。
       旅路は薩摩を過ぎて、故郷・熊本も中央も近くなって来た。
d0001763_09275390.jpg

d0001763_09282231.jpg


月間歩行距離100ー120kmが生活にマッチした距離のようだ。
d0001763_09303074.png

大体の無理のないWalkのペースが掴めてきたようだ。
6月は梅雨の月ではあるが、雨の合間を縫って、森林の清清しい空気を吸って、蒸し暑い夏を克服したいものである。

================================
[PR]
# by tenpai8 | 2018-06-01 11:30 | 体育運動 | Comments(2)
2018初夏の野の花②<5.30>


初夏の山路には 五月雨が続き、植物も勢いづき、花々も草花、潅木の花、高木の花と、野生百花が次々に登場してくる。
山路両脇の土手に登場する蔓性低木、ガクウツギである。
純白の花弁状の花、小房状の花本体、純白の姿は、初夏の湿気を含んで薄青ささえも感じる。


d0001763_09181597.jpgd0001763_09182652.jpgd0001763_09183980.jpg渓流に沿って奥へ辿れば、山路は樹木のトンネルとなり、涼風が渓流と共に流れ下る。
山路には純白の花弁が路面をイッパイに覆っている。
上を見上げれば小枝まで純白の小花が満開である。
エゴの花である。

     花が枝 枝が花かと エゴに問い 

d0001763_09185810.jpgd0001763_09191807.jpgd0001763_09193832.jpg散歩する林道の入り口には、太宰府市上水道の基幹貯水池・大佐野ダムがある。
片側の周囲はサクラの並木であり、ダムの水面に向かう土手となっている。
土手の半日陰となった緩斜面には、年中を通じて草花が交代している。
アザミの咲き誇る所から少し離れた小草の草原には、空色の珍しい花
タツナミソウ
 が咲き乱れている。

立つ浪が 押し寄せ来るや タツナミソウ
慎ましやかな花タツナミソウは、青色も清清しく天然の名花であることを、世の人々は あまり知らない。
d0001763_09200053.jpgd0001763_09202112.jpgd0001763_09203677.jpg







我が散歩の山路には、初夏の涼風中、自然の名花たちが次々と開花乱舞して路辺を飾り輝いている。



====================================
[PR]
# by tenpai8 | 2018-05-30 10:30 | | Comments(2)
2018初夏の野の花①

慌ただしくも楽しい花見が過ぎると、即 初夏の色が濃くなってくる。
野山を飾り、人目にも忘れられている花花が、自分の居場所で自己の存在を天下に呼びかけてくる


久住の高原から下りて来た「サクラソウ」は下界に下りても 優しい花を長期にわたり飾ってくれる。嬉しい奥ゆかしい 野の花である。
d0001763_17373848.jpgd0001763_17375436.jpg近くの里山から奥山まで、渓流の両岸をこの季節に支配する白い花
それがシャクナゲである。
渓流の涼風をバックに清く咲く風情は無垢そのものである。

d0001763_17381998.jpgd0001763_17384103.jpg
福岡の自然は、まだまだよく保存されている。
天満宮の奥山・宝満山の谷は、山伏の修験道の聖地である。
谷川と両岸の原始林には、完全な自然が温存されており、
谷川に沿ってミヤマヨメナ が無数に広がっている。
この花は、ミヤコワスレと同種であるようだ。花も性質も全く同じで、花の色は、野生種は白、ミヤコワスレはピンクと青とがある。
性質など、差は殆んど無いようだ。    
我が庭の宝満山ミヤマヨメナ
d0001763_17385857.jpgd0001763_17391716.jpg
花見も済んで葉桜が光る頃、4月7日、花の終った桜並木のヤマジを歩きつつ、
ふと、山側の土手に目をやると、空色の可憐な小花が落ち葉の間から花束を出している。リンドウの仲間であることは、明確であるが名前は不明。後日、花博士に問い「ハルリンドウ」であることが分った。かって、宝満山の渓筋でも一度見掛けた花であった。       
        土手の落ち葉の中に咲くハルリンドウ 

d0001763_10361827.jpgd0001763_10363714.jpg    

そして今、五月晴れの中、山路の緑は益々深くなり、木々が純白の花を着けている。秋一番で赤い小玉の実房をつけるガマズミである。
          ガマズミの花房
d0001763_10463726.jpgd0001763_10465508.jpg
かくて、我が散歩の山路林道は、葉陰も暗くなる頃には
ホトトギスが渡り来て、山々を大声で飛び往来し始め、
梅雨も本格化してゆく。

=====================================
[PR]
# by tenpai8 | 2018-05-05 15:30 | | Comments(2)
Walking実績<2018.4月>


4月は畑作業の大繁忙月である。
冬野菜が大体終わり、跡地の起耕から整地、植床作り、さらに苗の植付等と、寸暇もない月である。
その結果、4月は農作業が優先し、歩行は後回しになってしまう。
とは言え、月間110km超の実績を残せたのは、リッパだ と自賛している。
旅路は、薩摩路もいよいよ最終段階になり、5月は故郷・熊本に入る。
体調も全く完全で、微塵の軽病も無しで4月を乗り切ることが出来た。
アリガタイ結果であった。

d0001763_08451786.jpg

d0001763_08454664.jpg

d0001763_08463323.png


====================================
[PR]
# by tenpai8 | 2018-05-01 09:09 | 体育運動 | Comments(2)
2018夏野菜苗移植ほぼ完了<4.26>
今年も天候には比較的恵まれながら、花見から4月の新緑の季節を、平穏に過ごすことができた。
高温もあったが、園芸にとっては大した障害でもなく、夏野菜の植付も順調に推移した。
たた、社会現象ではあるが、野菜苗の生産が大手寡占になり、商品化と販売競争が激化して、店頭の販売時期が早期化して、短期間に集中化が激化し、
利用する生産農家はにとっては、品目ごとの植付時期を、理想的計画時期に実施困難になりつつあるようだ。
         ほぼ植付を終った菜園全景<4.25>
   
d0001763_12050722.jpg


         植付を終った菜園全景<大画面パノラマ>  ←クリック

今年も張り切って色々と新工夫を凝らしての作付であるが、その第一が春播の葉物野菜と大根である。


  ホーレンソーの出来がよく、秋播きより成長も早く、色艶も格別であり、食味もかってないスグレモノとなった。
大根はまだ収穫にまではなっていないが、成長は、これまたオドロキの快調ぶりとなった

d0001763_12062411.jpgd0001763_12064023.jpgトマトは年々品種改良が急進して、食味のよさと、新品種の魅力に誘われて、園芸店頭でツイツイ買ってしまう現状の再来である。
今年はイチゴに注目の年となった。。
昨年狭い1区画に植えたところ、イチゴは店からの購入ゼロ、であり、また結構食味を楽しむことも出来た。
そこで今年は、苗作りから入念に行い、作付けも2区画に実施した。
株の成長も十分で、実着きもオドロキである。


d0001763_14011507.jpgd0001763_14014690.jpg






====================================
[PR]
# by tenpai8 | 2018-04-28 13:30 | キハチの菜園 | Comments(4)
2018今年も山路タケノコ<4.19>
我タケノコ竹林は、北向き急傾斜面であるため、日射が少なく傾斜の底には小さい沢がある。
この環境から気温は相当に低くなっおり、タケノコの成長も近隣の山より10日位遅れる。
今年も、4月20日になるので、そろそろ出ている頃であろう、と19日午後に専用の鍬をピッケルにして出掛けてみた。
例年通り、結構よく出ているが、先客のイノシシが先取りして、竹林はイノシシの残物ばかりが散乱している。
それでも、イノシシより智慧のあるところを・・・と思い、大孟宗竹の倒竹の隙間や急斜面でイノシシの活動できない土手、等々小一時間の探索で、どうにか、我家とお隣用の二軒分位は確保することが出来た。


大小、長短あるが柔らかで新鮮な獲物
d0001763_09290282.jpg


サンショウも程よく庭で伸びたし、今夜はタケノコ尽くしで一杯ダ!
d0001763_09284403.jpg


===================================
[PR]
# by tenpai8 | 2018-04-19 17:30 | 自然探訪日記 | Comments(2)
2018宝満山ヤブツバキ<4.13>
宝満山には沢山の登山ルートがある。
南東にある本導寺から始るルートは入山直後に、堤谷ルートとシラハケ道とに分かれる。

d0001763_21452299.jpg

約5合目に至って、この分岐したルートは再び合流する。
この地点が「百日絶食碑」の沢である。
d0001763_21460097.jpg


宝満山登山は、竈門神社からのルートは、人も多く石段ばかりで野趣に欠けるので、宝満山の本来の趣を満喫するには、堤谷ルートが最適である。

このルートは急傾斜の渓流に沿っての登山道である。
滝の上に滝が重なり、滝登りのコースである。この滝には夫々修験道の教義に由来する名前がついており、山伏達の修験の場であった。

鼓の滝            金剛の滝          般若の滝
d0001763_21445277.jpgd0001763_21442371.jpgd0001763_21435625.jpg水辺の植物から谷沿いの山林は、完全な原始林が展開しており、湿気を含んだうっそうとした神秘の大森林である。
この谷沿いを支配するのがヤブツバキである。

     2003.4.3撮影   宝満に 花影澄みて ヤブツバキ
d0001763_11492473.png
この谷のヤブツバキは、花の特徴が顕著である。
全体は小輪で、花弁は丸みを帯びて、オシベが小さく、色は清みきっており、清清しい花である

このヤブツバキの姿に魅かれ、このルートを登山すること、10回を超えるのは確かである。
その中でも「百日絶食碑」周りの株は、特に花模様が優れている。
登山の折に小枝を少々頂き、我家で挿木したものが活着、或は台木に接木したものが、庭中に広がっており
今年も見事に宝満山の渓流の香を漂わせている。                    d0001763_11163565.jpgd0001763_09034308.jpgd0001763_09045550.jpgd0001763_09051447.jpgかくて、昔の聖人山伏が成就した「百日絶食の偉業」を今日に伝える宝満椿は、今年もまた我家の床の間で 心静かに、清い花影を披露している。(画像の花は皆、挿し木の鉢植である)

=====================================
[PR]
# by tenpai8 | 2018-04-13 11:30 | | Comments(2)
Walk実績<2018.3月>
最近出席する会合での話題は、何処へ行っても定番は、
①  自分の病気の話
②  知人の病気と病状
③  知人の不幸の話
等々であり、酒の肴にまでスッカリと病気の話題が定着して来た。
ピンピンコロリに向かって努力する話題が、酒の肴であった頃に比べると、大きく様変わりである。
そんな中、我が身には、未だ話題にする程の持ち病と 懸念材料がないということで、アリガタサを痛感している。
これも、「日本一周Walk」のオメグミだろうと、内心自我自賛を禁じ得ない。
山路散歩で森林浴、花探訪、渓流の爽快音と小鳥の声まで満喫出来て、最高の道楽である。

3月も特段のこともなく、平平凡凡の中に過ぎ去り、実績もまた程々で終った。
宮崎から鹿児島への県境を南下中で、満開のサクラのトンネルも、今年は天候に恵まれ花も長持ちして、2周も週末を花見で過すことまでできた。




d0001763_14002843.jpg

d0001763_14005893.jpg

d0001763_14034463.png

かくて、4月1日は新年度のスタートであり、結婚57年の記念日を迎えることが出来た。
80歳を過ぎて、益々低下する体力に反比例して増大する健康障害を克服して、愉快に遊び、晩酌の味を極めるために、「日本一周」の歩行を、大いに伸ばしたいものである。

=====================================

[PR]
# by tenpai8 | 2018-04-02 14:30 | 体育運動 | Comments(2)
枝垂れ梅園造成計画ほぼ完成<2018.3.25>
庭に薩摩紅梅を植えたのは、孫娘次女の小学入学記念であった。
現在孫は27歳になるので梅ノ木も、我庭定着後既にほぼ20年を下らないだろう。
人生は短く、光陰矢の如しである。
定植直後はこの梅が珍しく、満足していたものである。

d0001763_09055996.jpgd0001763_09061069.jpg








花は紅梅でキレイに咲くし、その上実の収穫も多く、その実の多くには1個の実が2分
するものもあり、自家用の梅には余るほどであった。



d0001763_09065665.jpgd0001763_09071837.jpgd0001763_09063956.jpg枝振りもシッカリと出来上がり、毎年毎年成長して天に届かんばかりに巨大化して、最早、庭木の域を脱する程となってしまった。そこで、大枝は数本枝根からバッサリ
     家内から高価な庭木を枯らすのかと苦情が出た。
d0001763_17480977.jpgd0001763_17523421.jpg







翌年より枝振りよく、垣根に沿って枝垂れ梅の花カーテンを作るべく、枝枝に接木をすることとした。
先ず第一に、熊本実家の庭先に咲く「白花枝垂れ梅」を4-5本接木し、殆んどが好運にも活着できた。
梅の接木は活着が容易で、その後の成長も順調に進み、翌年から開花するまでとなった。


d0001763_14152576.jpgd0001763_14130964.jpgかくて5年以上が経過して、天満宮の梅園茶屋「松島茶店」のピンク枝垂までが接木できて、賑やかな枝垂れ梅カーテンが完成に近くなってきた。10年以上の遠大な計画であった。

3月18日、天満宮観梅の折、「松島茶店」の主人に御礼と我梅園の模様を報告して、主人から絶大なる歓迎の言葉を頂くことまでが出来た。d0001763_14303236.jpgd0001763_14293848.jpg










今春の枝垂れ梅梅園に変身した我庭。赤が松島茶店の紅梅、白が故郷からの白梅
d0001763_14455044.jpg
d0001763_14441099.jpg


     見事な梅花カーテンに春日も映えて
d0001763_14451964.jpg



===================================
[PR]
# by tenpai8 | 2018-03-28 14:00 | 庭の果樹園 | Comments(2)