2018宝満山ヤブツバキ<4.13>
宝満山には沢山の登山ルートがある。
南東にある本導寺から始るルートは入山直後に、堤谷ルートとシラハケ道とに分かれる。

d0001763_21452299.jpg

約5合目に至って、この分岐したルートは再び合流する。
この地点が「百日絶食碑」の沢である。
d0001763_21460097.jpg


宝満山登山は、竈門神社からのルートは、人も多く石段ばかりで野趣に欠けるので、宝満山の本来の趣を満喫するには、堤谷ルートが最適である。

このルートは急傾斜の渓流に沿っての登山道である。
滝の上に滝が重なり、滝登りのコースである。この滝には夫々修験道の教義に由来する名前がついており、山伏達の修験の場であった。

鼓の滝            金剛の滝          般若の滝
d0001763_21445277.jpgd0001763_21442371.jpgd0001763_21435625.jpg水辺の植物から谷沿いの山林は、完全な原始林が展開しており、湿気を含んだうっそうとした神秘の大森林である。
この谷沿いを支配するのがヤブツバキである。

     2003.4.3撮影   宝満に 花影澄みて ヤブツバキ
d0001763_11492473.png
この谷のヤブツバキは、花の特徴が顕著である。
全体は小輪で、花弁は丸みを帯びて、オシベが小さく、色は清みきっており、清清しい花である

このヤブツバキの姿に魅かれ、このルートを登山すること、10回を超えるのは確かである。
その中でも「百日絶食碑」周りの株は、特に花模様が優れている。
登山の折に小枝を少々頂き、我家で挿木したものが活着、或は台木に接木したものが、庭中に広がっており
今年も見事に宝満山の渓流の香を漂わせている。                    d0001763_11163565.jpgd0001763_09034308.jpgd0001763_09045550.jpgd0001763_09051447.jpgかくて、昔の聖人山伏が成就した「百日絶食の偉業」を今日に伝える宝満椿は、今年もまた我家の床の間で 心静かに、清い花影を披露している。(画像の花は皆、挿し木の鉢植である)

=====================================
[PR]
# by tenpai8 | 2018-04-13 11:30 | | Comments(2)
Walk実績<2018.3月>
最近出席する会合での話題は、何処へ行っても定番は、
①  自分の病気の話
②  知人の病気と病状
③  知人の不幸の話
等々であり、酒の肴にまでスッカリと病気の話題が定着して来た。
ピンピンコロリに向かって努力する話題が、酒の肴であった頃に比べると、大きく様変わりである。
そんな中、我が身には、未だ話題にする程の持ち病と 懸念材料がないということで、アリガタサを痛感している。
これも、「日本一周Walk」のオメグミだろうと、内心自我自賛を禁じ得ない。
山路散歩で森林浴、花探訪、渓流の爽快音と小鳥の声まで満喫出来て、最高の道楽である。

3月も特段のこともなく、平平凡凡の中に過ぎ去り、実績もまた程々で終った。
宮崎から鹿児島への県境を南下中で、満開のサクラのトンネルも、今年は天候に恵まれ花も長持ちして、2周も週末を花見で過すことまでできた。




d0001763_14002843.jpg

d0001763_14005893.jpg

d0001763_14034463.png

かくて、4月1日は新年度のスタートであり、結婚57年の記念日を迎えることが出来た。
80歳を過ぎて、益々低下する体力に反比例して増大する健康障害を克服して、愉快に遊び、晩酌の味を極めるために、「日本一周」の歩行を、大いに伸ばしたいものである。

=====================================

[PR]
# by tenpai8 | 2018-04-02 14:30 | 体育運動 | Comments(2)
枝垂れ梅園造成計画ほぼ完成<2018.3.25>
庭に薩摩紅梅を植えたのは、孫娘次女の小学入学記念であった。
現在孫は27歳になるので梅ノ木も、我庭定着後既にほぼ20年を下らないだろう。
人生は短く、光陰矢の如しである。
定植直後はこの梅が珍しく、満足していたものである。

d0001763_09055996.jpgd0001763_09061069.jpg








花は紅梅でキレイに咲くし、その上実の収穫も多く、その実の多くには1個の実が2分
するものもあり、自家用の梅には余るほどであった。



d0001763_09065665.jpgd0001763_09071837.jpgd0001763_09063956.jpg枝振りもシッカリと出来上がり、毎年毎年成長して天に届かんばかりに巨大化して、最早、庭木の域を脱する程となってしまった。そこで、大枝は数本枝根からバッサリ
     家内から高価な庭木を枯らすのかと苦情が出た。
d0001763_17480977.jpgd0001763_17523421.jpg







翌年より枝振りよく、垣根に沿って枝垂れ梅の花カーテンを作るべく、枝枝に接木をすることとした。
先ず第一に、熊本実家の庭先に咲く「白花枝垂れ梅」を4-5本接木し、殆んどが好運にも活着できた。
梅の接木は活着が容易で、その後の成長も順調に進み、翌年から開花するまでとなった。


d0001763_14152576.jpgd0001763_14130964.jpgかくて5年以上が経過して、天満宮の梅園茶屋「松島茶店」のピンク枝垂までが接木できて、賑やかな枝垂れ梅カーテンが完成に近くなってきた。10年以上の遠大な計画であった。

3月18日、天満宮観梅の折、「松島茶店」の主人に御礼と我梅園の模様を報告して、主人から絶大なる歓迎の言葉を頂くことまでが出来た。d0001763_14303236.jpgd0001763_14293848.jpg










今春の枝垂れ梅梅園に変身した我庭。赤が松島茶店の紅梅、白が故郷からの白梅
d0001763_14455044.jpg
d0001763_14441099.jpg


     見事な梅花カーテンに春日も映えて
d0001763_14451964.jpg



===================================
[PR]
# by tenpai8 | 2018-03-28 14:00 | 庭の果樹園 | Comments(2)
2018冬野菜の総決算<3.27>

d0001763_13441982.jpg


2018菜園パノラマ風景<2018.3.9>   ← クリック

去年秋の旱魃や長期低温の襲来など、冬野菜の栽培条件は極めて悪かった。
街の野菜店では、冬野菜が高騰を極め、野菜が貴重品にまでに価値変動を来たした。
我菜園でも、影響はあったが、大した悪影響には及ばなかった。
白菜とキャベツは 3段階に分けて苗5-6株を一度に定植することとしている。
しかし、白菜は第1、第2回植付までは結球して、正常な品質の収穫となったが、第3回植付けは、葉は巨大に成長したが、結局結球が出来ず、座布団ほどの大きさに育ったものを、廃棄することとなった
d0001763_10373591.jpg
 キャベツはマズマズの生長を収めることが出来たし
その他の作柄についても
① カツオナ ハカタカツオナが極順調で、3.26まで収穫が出来た
② アスパラナ 順調で現在も収穫中
③ ワケギ   超順調。3.27から№3が収穫開始
④ 大根    第一播種は順調、第二は播種が遅れて収穫は葉だけになり、
        野菜不足の折柄、葉野菜として大好評になった。
⑤ 茎ブロッコリー 順調に予定通りの収穫
⑥ ホーレンソー 大成功。3/27最終の収穫も柔らかく品質最高。
         茹でて凍結保存で、暫くの青物野菜となる。


d0001763_10363336.jpg
⑦ ミズナほか雑野菜  ほぼ順調

この冬の反省点
① 白菜、キャベツの晩生品種は早期に定植すること
② 葉物野菜は十分に化成肥料を施肥すること

白菜は第一、第二回目の植付は「黄心」を植えたが、成長もよく特に品質が抜群で、野菜不足の時節柄のこと、最高の達成感を満喫することが出来た。
等などの反省点を残して、今年の冬作物の時期も過ぎ行きそうであり、
残るは、大豊作のニンニクとタマネギ3品種5月の収穫が待たれる。


=================================== 

[PR]
# by tenpai8 | 2018-03-27 12:30 | キハチの菜園 | Comments(0)
Walk実績<2018.2月>
2月は寒波も残り積雪も多かったが、平穏無事に一月が流れ、平和な月であった。
寒さの中、我散歩の山路林道は、両側の山に囲まれて寒風が完全に遮蔽され、散歩に快適な道路となった。
今年はイノシシの活動も極低調で、路辺の荒れようも殆んど見られないようである。
猪害防止の駆除作戦が効果を挙げたようであり、今年は未だ林道での姿が一度も見られていない。
月間17日の林道散歩を確保できて、体調も最高の一月であった。
道は既に大分県から宮崎県に到達、日南の長い海岸線を南下中である。

d0001763_09232338.jpg
d0001763_09514286.png
2月は短い一月ではあるが、月間118kmの実績を上げることが出来て、満足の月であった。
前年比較では及ばないが、去年は日本一周のゴール直前でもあり、ラストスパートなので、全く意識外である。
ノンビリと日向路を南下しつつ、体調管理だけを意識したいものである。

d0001763_09260183.png

======================================

[PR]
# by tenpai8 | 2018-03-01 09:43 | 体育運動 | Comments(2)
大寒波居座る<2018.2.8>
この冬は、1月後半から寒波が途切れなく続き、国全体に大打撃を及ぼしている。
菜園も野菜の生長がストップ、キャベツや白菜の晩生品種は、結球出来ずに廃棄処分となりそうだ。
庭では、アマナツが豊作を迎えているが、-3度以下になると凍害により、これまた、廃棄処分の外に道がなくなり,最大の心配事である。
大雪に景色もモノクロの世界に
d0001763_13452711.jpg

2月になって、毎日最低温度マイナスの日が連続している。
2月6日も朝から降雪が続き、明日7日まで寒波は続くと言う。
アマナツの低温障害が大心配だ
d0001763_13455027.jpg
         2月6日は、庭の雪見とメジロ観察の一日となった。
雪見てイッパイ には、最高の舞台が出来た。
朝からエンドレス一杯になりそうなので、グットコラエテ、暇潰しの遊びに切替え。
詰まりは、庭の雪景色動画を編集することとした。


      2018大寒波居座る<動画>    ←クリック

=======================================
[PR]
# by tenpai8 | 2018-02-05 15:00 | 雑感雑記帳 | Comments(2)
Walk実績<2018.1月>
寒い寒い1月をようやく過し切った。
ラニィニャ現象と冬寒、とは言うが、これ程までに歴然とした結果が出たのは初めてだ。
太宰府に小雪の舞った日が幾日になっただろうか。
東京から福岡へ転勤した昭和48年の冬が寒くて、雪日の多さに驚いたのを思い出した。
7日からほぼ1週間カゼを引き、医院の薬を飲んでようやく14日から山路散歩となった。1週間のカゼ休養は久し振りである。
その影響で歩行実績も心配であったが、月後半に100kmクリアーの目標達成を意識したため、大寒波の中、どうにか一応の目標達成となった。
           
  旅路は大分からやがて佐伯へ

d0001763_10513031.jpg
               

d0001763_10523961.jpg


大寒波の一月と喉カゼの1週間休養があったにしては、延17日間で112kmの実績はマズマズの 好結果と云うべきではないか。
カゼが重症化しなかったのも、walkの効用であり、ワクチン接種の恩恵だっようでもあるようだ。
d0001763_10532314.png


==================================
[PR]
# by tenpai8 | 2018-02-01 10:30 | 体育運動 | Comments(2)
祐徳稲荷神社・奥の院参拝記<2018.1.23>
近隣の「歩く会」活動に参加して、佐賀県・祐徳稲荷神社に参拝して、奥の院まで登頂できた。
この神社は以前に3-4回、仕事や観光の途中で参拝していたが、奥の院があり、更に参拝することは今回が初めてである。
佐賀県の片田舎にこれ程の大神社があり、然も稲荷神社であることにも、以前から不思議の念を大にしていた。
この社殿の壮大な威容は、其処此処に見られるものではない。
その壮大さは、京都・清水にも劣らぬ威容であり、お稲荷様朱塗は別格の威厳である。

           正門をくぐるとこの威容が展開 
 

d0001763_10482213.jpg



巨大な柱組みの櫓状木造建築の高さまで、石段を上り詰めると、本殿前に到達。
               本殿の威容は圧巻
d0001763_10484687.jpg


この本殿から山の頂上に祭る「奥の院」まで、天然石材を組み合わせた狭い階段登山道が続く。狭い道は、折りたたみ式のヘアピンカーブ急傾斜道で、何百の朱塗の鳥居が林立して、「お稲荷様の細道」の雰囲気を醸し立てている。

奥の院に至る参道の様子や、参拝全体の順路の様子を、順を追ってスライドショーに編集することとした。

      祐徳稲荷神社・奥の院参拝記  ← クリック


                奥の院・御神体
d0001763_10490306.jpg




==================================
[PR]
# by tenpai8 | 2018-01-29 14:30 | 旅の想い出 | Comments(2)
厳冬の福岡・氷の滝・難所ヶ滝
2004年2月5日。
福岡在住以来、自然派の人々から時折「九州らしらぬ氷の滝」が福岡にある。
という話は聞き及んでいた。
宝満山は何十回登頂していて、最愛の登山スポットである自身として、この「氷の滝」が、宝満山登山のコースに在ること等、全く想像外であった。
俄然、習い始めたばかりのパソコン仲間から、この難所が滝のことを知ることになった。
時も丁度厳寒の頃、元気盛りの親友と二人で、未知の氷結の世界へ挑戦することとした。
自身、若い頃北海道の自然に熟知した経験、友も相当の自然派であること、等等の理由から二人たげで、身軽で挑戦することとした

時季は大寒の真っ只中、この年は特に厳寒の年であった。
防寒の身支度を厳重にし、岩石の凍結に備えて靴とアイゼンの点検は十分入念を期した。
登山口の公園では、深い森林の景色は灰色に雪で煙り、林道も積雪が始って、景色はモノクロの世界に変わっていた


d0001763_10322978.jpgd0001763_10335776.jpg
進むにつれ山路は大塊の石と岩盤に変わり、雪に覆われて、石の境目は雪穴に変わり、歩行は相当に困難を極めるようになったきた。

以下、画像スライドに切替えて、雪景色と厳寒の世界を表現することとしたい。
滝は数十メーターの落差が有り、高低の長辺画像でようやく表現できるので、上下長辺画像で纏めたスライド画像に編集した。

福岡厳冬・氷の滝・難所ヶ滝<№1>  ← クリック


大石の隙間の大穴に腰まで落ち込みながら、迫り来る谷の幅は益々狭くなり、いよいよ最奥まで辿り着いた。断崖絶壁の幅は100mにも達するかと覚える程に広がって、数段の階段状の幅広い階段となっている。中央の頂上から最下段まで落ちる氷柱は、時に枝を出し下段の岩に砕けては、純白の氷泡となって盛上がり、周囲にまで無数の氷塊の小山を作り出している。上段の左右には幅広く階段状の崖から、氷柱のカーテンを広げ、その数は無限に張り付いて、雑木も疎らに崖に張付いている。この光景は、この現場で、舞上る零下10度の雪煙の中で体験してこそ、はじめて迫力を味わうことが出来ようか。

厳冬の福岡・氷の滝・難所ヶ滝<№2>
  ← クリック

d0001763_09204651.jpg


====================================
[PR]
# by tenpai8 | 2018-01-19 17:00 | 体育運動 | Comments(2)
アマナツ凍害の季節到来
80余歳になった今も、どうしても回避できない自然災害がある。
即ち、台風と低温被害である。
今年の台風は、お陰様で真上を反れて通過してくれた。
次なるのが、低温障害である。
我家では決定的低温障害を受けるのは、アマナツだけの様である。
一昨年は1月23,4日の大寒波で、結果してほぼ熟したアマナツが140-150個穴埋め廃棄処分になった。
危険低温の目安として、経験によれば、雨垂受甕の水が厚く氷結して、甕を張り破る程の厚氷になれば、100%被害が出るようだ。
一昨年の大雪が将にこの結氷が2-3日続いた。
昨年も注意深く天気の経過を見守ったが、-3度まで下がったが、-4度までには下がらなかった。
道理で、低温落果は0であった。
d0001763_14251527.jpg
今年は粒揃いの大玉の生産を目指して摘果を増やし、数を150個に絞ってみた
元気で立派な果実がカッコよく枝葉の中に輝いている。
d0001763_14271294.jpg
低温落果した果実の特徴は
 果皮は元気で瑞々しく、素晴らしいものとなる。
 皮の中の果実は袋皮は元気で、中の水分が無くなり、白っぽくパサパサ
で、重量も半減する。
 食用部分の水分はなくなり、糖分も酸味も香も無くなってしまう。

セイゼイ外皮を入念に加工して、マーマレードにするだけが利用価値である。
一昨年は20-30個の皮をマーマレードに加工して、今だに美味しく頂いている。
d0001763_14261750.jpg
さて、この冬も この危険季節に差し掛かった。
今日の天気予報では
11日  0度+α    12日 -1.3度+α   13日  -2.0度+α
このようになっているが、この頃の季節は、予報から+- 1度 位の誤差は発生の可能性が大である。
となると、12日の午後の予報が、収穫保存の最終決断の時期となる。
大体はこの回の大寒波は、クリアー出来たような嬉しい予感である。


=====================================


[PR]
# by tenpai8 | 2018-01-10 17:30 | 庭の果樹園 | Comments(4)